2016年08月10日

5章 Part25 ~博士 はりきる(・∀・)~

ブタねこ博士「なるほどのぉーーーー。やはり、橋を造る時に、信頼できる者たちに託す技法伝授の魔法と同じく、もっとすごいのが記されておったか。これは宝じゃぞ!!」

僕たちは、再び、王都庭。いつものところに帰って来たよ。


しろねこ「この手の魔法は、知性が、悪用しないところとか含めて、合致しないと伝授できない、っていうところ。」

緑の縞猫「2人でできないところはなかったけど、どちらかだけではできないときがあったからね。しかも、発動している時だけ設計図を見れる的なのだから、同じのはできないし。」
posted by ファンタジー✡とど at 21:40| ♡の縞猫 5章「グリーンシティ編」 | 更新情報をチェックする