2019年09月13日

8章 Part8 ~もったいのーございます✧_(_^_)_~

ブタねこ博士「なんか、グダグダな始まり方じゃったが、元気しとったか? ごま山椒!!」

なにとや騎士三「はいはい。博士が王都に居ないって思いましてね。 まぁ、丘に来るのも久しぶりだから、まほうみちの探索も兼ねてゆっくりしようと思ったけれど。」

ブタねこ博士「以前は、ここにいらしたんですか!ずいぶん探しましたよーちゅーとったのー(。-`0-)」

はいはい騎士三「ずいぶん変わりましたね。緑の大陸。」

ブタねこ博士「おぬしの方が変わったじゃろ。 あの戦い。とてもとても、強うなったのぅ。――ちょっといじめたくなるくらいじゃ。スマンの、照れ隠しじゃ。――頼れるのう、ごま三!!」


照れすぎ聖騎士「( ;∀;)モッタイナイ」


ふしぎな木「あんれーーーー!!いいじゃないですか!!!!!この2人!!」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする

2019年09月12日

8章 Part7 ~きらきらデリシャス✧スイーツショップ♡~

向日葵「おいしいガオ!ユッキーちゃん!!」

わたげ「けっきょく、ゆっくりするの巻きメェ(・ω・)ノ」

ユッキー「はーい。レモンタルト、傑作でしょ!!」

からからからーーん

ケーキ買いに来ましたシティの人「でーっす(・∀・)」

向日葵「今日は早いガオね!」

ユッキー「ふふーーん。丘の上で、お散歩してたのね!!」

向日葵「まだ電車には時間があるから、今日は、ここでゆっくりしていくといいガオ! ユッキーちゃんのレモンタルトはいろいろ工夫中だから、今日は、フリーであげるガオ!!」

わたげ「シティの湖でとれた、キラキラのマジカルリーフ紅茶、ありますメェ。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

8章 Part6 ~たのしい故郷*~

ざららん「ラッシー!まだぁーーーー!!?」

レディ=ラッシー「はいはーい(・∀・)! 行きます、生きますよォォォ――――!!!」

ざららん「今日は、私たちの州で、打ち合わせがあるんだよ――――!! とどステーションからの、ソリでの物資の運搬についてだよ――ん。」

レディ=ラッシー「あなたはいつも、ごま方面で、頑張ってくれていましたからね。 私たちも、協力できるときは、南の地域も! 落ち着く故郷ですから。」

あざらしランドの住民「おおおおお!スキーとスノボーで、遊んでますね――!!」

2人「えーーーー?そー見えるぅぅぅ(*´ω`*)でれーーっ」

―――――――

ふしぎな木「はいはい。あざらしランド側は、まだ鉄道が延長されていないんですね。で、ときどき、遊びに…いえいえ、こうやって、見守りながら、重要な会議に足を運んでいるというわけなんですよっ!」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする

2019年09月10日

8章 Part5 ~さらに近き空~

アカねこ助教授「博士は今日は丘ですか。私は王宮内で色々と。」

宮殿の支度さん「王様夫婦がいないと、やっぱりちょっと、さびしいですね。」

アカねこ助教授「いえいえ。ここはほら、こんなにいい天気で、聴こえてきませんか?――ハートのねこ♡たちは、今まさに、ここにいる、と!」

宮殿の支度さん「――――――――――――すぅーーーー。。。。。はい!\(◎o◎)/!そうです。分かります。」

アカねこ助教授「そうなんですよ。わたしもね。頭でっかちな方ですが、真面目な方でもね、ふしぎな心で、空が見えます。 またさらに、近づきました!」

――――――――――

ふしぎな木「アカねこさん。さらに、空の住人です(^_-)-☆楽し♡」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

8章 Part4 ~ホワイト通りの✧メインパフォーマンス~

くじM市長「本日は、グリーンシティ・ホワイト通りのメインストリート、天空の大樹大広場にお集まり、ありがとう! シティのみんなぁ、わいは今日、ローラーなスケートパフォーマンスを見せるでーー。歩くエンターテイナーや―!!」

島りす✧「くじMさん、おもしろいこと、するんやーって。」

ねこみみあざらし「うーん。ああ、ああ。そうだね。市長という肩書に染まっていないで、なんというか、だったよね!」

シティのお散歩人「通りすがると、・・・・・・・・市長(; ・`д・´)!!何やっとるんだ君は。」


ろーらぁろーらぁーーーーーーーーー♪

くんくん、じゅ✧きゅーーん♡


島りす❉「読者の皆さん、ほおっておき彫りでごメンゴ――(*^▽^*)――市長はねー。まほうみちに行きたいんだって。サーカス団じゃなくって。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする

2019年09月08日

8章 Part3 ~ほのぼのモード✿~

ブタねこ博士「と、適当なことを言っとる場合なわけではなく、―――久しぶりじゃの。 王たち夫婦には 言っとらんかったが、おぬし、まほうみちから、ちょくちょく、修行帰りしとったからの。」

聖・騎士三「びっくりしましたよ。 スーパーまほうみち の あの、一瞬の登場。覚えておりますとも。――博士たちがいきなり現れるんじゃから!」

ブタねこ博士「真似されたぁぁぁΣ(゚Д゚)!!――(^^ 確かにの。濃く酷ドラゴン、すごかったの。やばかったの。わしでもまだ覚えとるわい。――トラウマじゃ。――な。ハートのねこ♡たちは、空の世界で、今頃 善きドラゴンに会っとるのかのー(。-∀-)―――」


ホ――――――――――――――――ホケキョ(・∀・)♪


ふしぎな木「聖騎士三さん。ちゃんと丘に帰ってきたていのですね。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする

2019年09月07日

8章 Part2 ~ようこそ!騎士三さん♡~

かんこーーーんω

ブタねこ博士「おお!おお!よー来たの!!ごま三郎!!」

頼れる騎士三「ごまぞーですよぉぉぉぉ( ;∀;)」

ブタねこ博士「うーーーーん? そーじゃったかぁー(。-`ω-)」

頼れる騎士三「ボケないで――――٩( ''ω'' )و」

ブタねこ博士「ほっほっほ。冗談通じたかの。―― (・ω・)・・・・・・・・・・・。 ホントじゃて! さっきのは、分かってボケたんじゃぁ――Σ(゚Д゚)」

頼れる騎士三「そーなの(*´з`)?」

ブタねこ博士「そーじゃーーΣ(゚Д゚)―――」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする

にほんブログ村