2019年04月27日

7章 Part285 ~何処までも広がる空色の陸道に強まる太陽☀✧✧~

ちゃっかりキング「命を失わない。 代わりに、敵ならぬ敵を見ることになる。 地下の世界とは違う、英雄の世界の葛藤が ここに広がりはじけるのじゃ。」

―――――――――


緑の♡猫「あ。橙色の玉だ。あ・・・。両方が橙色・・・。」

しろねこ「青い球が途切れた。」


―――――――――

緑の♡猫「橙色の石像…。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

7章 Part284 ~大好きなのです✧~ ☆まだ見ぬプレ・シーン☆

しろねこ「赤い石像。灼熱の太陽で、石像が増殖する。石像が2つになると道が3つになる。」


――――――――――・・・


緑の♡猫「今までに見た石像は、白、白緑、青、黄色、そして、ピンク、黒です。今回は、白い水を使ってまだ黒い石像は見ていません。」

ちゃっかりキング「いかんな。こういった戦法だけでは、空はおぬしたちを惑わすだけじゃろう。」

しろねこ「でも、愛は忘れません!今は進ませてください。」

頼れる聖騎士「いいえ。しろねこさん。僕たちは、あなたたちがただ大好きなんです。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

7章 Part283 ~純真な道域に緩暖の陽✧~

緑の♡猫「到達度…。678階/1000階。石像は、ノーマル、たまに黄色、稀に白緑・・・。アイテムはそこそこ大量に。」

しろねこ「雲の流れはものすごく速いんだけど、空に薄くとろけて、何もない快晴の様にも見える。ガラス張りのような鏡は、次第に大陸のように見え、ただっぴろーい空にポツンと囲まれながら、あるいはそれでも複雑に続く、終わることのない迷路を見る――。」


――――――――――

緑の♡猫「橙色の石像。太陽の光に包まれ、敵が消えて天変地異が鎮まる。そのたびにアイテムが数個ずつ減っていく。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

7章 Part282 ~クリア=フロアな近況*~

ざしゅっ。きらぴかーーーーん。


戦士たちは、りりしく戦う。それは夢なのだろう。でも、僕らの心身はここにあるのだ。


リアル。それは、空だろうか?

形ある経験は理解。これは争いだろうか。


緑の♡猫「僕らは闘いたくないんです。こんな透き通った空の世界で。」

ちゃっかりキング「それもよかろう。わしたちは、おぬしたちが天へ行くためのサポートをするのみじゃ。その意味を考えるのは、到達か、それとも、振り出しか。その後にするがよい。」


ドラゴンのような動く存在。不定形の何か。素早い傀儡、空と雲の背景に溶け合っている数々の得体のしれない彼らと、時折襲う暴風雷などに、僕らはとても信じきれないでいた。
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

7章 Part281 ~百戦錬磨の!!?FINE☀ファイター!!~

ちゃっかりキング「ただしじゃ。今までのルールは失われておらん。そして、魔法道のこの敵たちは、そして天変地異は、生命ではないが、おぬしたちの力に呼応しておる意味で、生命的じゃ。よって、わしらは、おぬしたちが空の心に真に目覚めるまで、鬼神のごとき百戦錬磨の戦士として戦い続けるからの!」

しろねこ「('Д')・・・」


頼れる聖騎士「ついてきてくださいね。僕たちはそのためにいるんですから。」

―――――――――――――
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

7章 Part280 ~(・∀・)うわぁぉ ♡♡ ―☆☆☀~

頼れる聖騎士「そのとおりです。今までのアイテム集めは、この空の異世界の道が、今までの知恵や勇気と無縁ではなかったと、それを学ぶためにあるのです。」

ちゃっかりキング「これからは、その学んだこころを、その歴史のすべてを、背負って、立って、そして、世界を抱擁するのじゃ!!――痛いくらいにすべてを愛するのじゃ! これは闘いではない。ここにおるものたちは、生命ではない。空なのじゃ。おぬしたちが成長することで、エネルギーであるこのモンスターたちのそばにある、本当の心が分かるじゃろう。」

緑の♡猫「・・・・・・・!!!」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

7章 Part279 ~ロイヤル✧包ん包ん包ん包んωωωω☀~

ちゃっかりキング「わしもまた、キングと名乗ることにちゃっかりしよう。その方がロイヤルじゃろ。使い分けじゃ!――遠い遠い昔、我々の先祖は、多次元的な異世界間にわたって、争ったりつながったりしておったのじゃ。その名残の夢見の姿と、わしらの心身が他ならぬ地上の心身を保っておるという事実から、この世界は、空へ行くほど、ある意味地上の世界と似てくるのじゃ。」

緑の♡猫「つまり、前半は、夢と空が体に一体化して、後半は、夢と空の僕たちが、再び地上の色形を抱いて包んでいくということ?」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

にほんブログ村