2018年08月28日

7章 Part43 ~やるよ!~

しろねこ「もし旅立つとしたら、まず目的だよね。 最初のスノーの時は、ごま三達に助けを求められて行った。夢の世界と過去の世界は、進むしかないって感じだったけど、自分で望んだような気がする。シティの時は特にそう。今回の件は、やっぱりそうだけど、未来との繋がりから、今がまさにその時って感じ。」

緑の♡猫「そう。もしそうなったとしたら、やっぱり やり残したこと、今までのこと、その本当の真実に迫れ得るってこと。――――――わかった。」


やるよ! 本気で。


――――――――〝ありがとう!〟
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

7章 Part42 ~そういうとこから~

緑の♡猫「いきなりそこからありがとう!」

くじM「ハートのねこ♡はんは、そういうとこから意外と入るからなぁ。」

ラッシーホログラム「そうだよね――――。セラピーもだいぶ各エリアで進歩したから、ダイジョウブゥーーーー!!」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

7章 Part41 ~この度の支度~

しろねこ「そうなのよ。私たちって、過去にほおり込まれるわ、気付いたら未来にいるわで、今回こそは、準備方法を自分で選べる気がするのよ。わたしたち、結構な年月、旅してきたから、こういった出来事が稀有で冒険に値するって知ってはいるけど、今回は とくにこれが重要な気がする。」

ブタねこ博士「そうじゃな。考えんとなぁ。まずはじゃ。セラピーの店は、わたげの紅茶セラピーで少々の面倒を見てもらうとして、後はじゃ、スノーのセラピストとか、医学的な見地からワシとか、まぁ、何とかなるからの!」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

7章 Part40 ~かもかも(・ω・)Ω~

ふしぎな木「ゆったりとした、ブレイクタイムです♪」


――――――――――――――――☆彡


緑の♡猫「まだ昼くらいか。―――とりあえず、もし天空の大樹がまほうみちだったとしたら、一度旅立ったら戻って来れないかもしれないよね? だったら、とにかく対策だけは立てないとだね。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2018年08月24日

7章 Part39 ~ゆったりしましょ♡~

王きゅ~♡のイカシタ人「少し落ち着きましょう♡ これ 私が焼いたクッキーです。いつも博士にお世話になっていて、今日はみんなで食べてください!」

ブタねこ博士「おお。いつもスマンの。もうけっこうな付き合いなんじゃ。ハートのねこ♡とも長い付き合いじゃがの。」


一同「いいね!いいねー!」

―――――――――――――――――
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

7章 Part38 ~こころの灯火~

パッ

リスキーホログラム「気持ちよく船上お昼寝してたら、イカシタくまさんっぽいのがカワイイ本っぽいのを見せてくれて、なんかピーンって来たよ。本気で今までのねがいを心に灯して、ハートに火をつけて、(≧▽≦)GOOOOOOOOO!!ってやれば、2人でやれば、行けるらしいよ!!」

――そう!あのときのように。


くじM「そやなぁ。ココロにみんなと幸せに暮らしたい安心感のイメージのホノオを灯したら、気分ルンルンや♪」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

7章 Part37 ~グランドろーど☀~

ブタねこ博士「なるほどのぅ。やはり、伝説は本当だったのじゃな。 天空の大樹とは、天に誘うための スケールの雄大な しんのまほうみち、魔法道の集大成じゃ!!」

ふしぎな木「って、ホログラムが地元の人と会話する時、消えるんですね~(・∀・)」


緑の♡猫「うんうん。つまりは、行けるってことなんだよね?」

ブタねこ博士「その場合、どうやって行くかじゃな。これまでの冒険話を総合すると、世界の樹(き)から魔法道が出現した、というか、天空の大樹が魔法道であるという〝根拠‐事実〟自体が、未だに確認されとらん。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

にほんブログ村