2019年06月26日

7章 Part345 ~呼び呼び♪わくわく(・∀・)ω✧♡~

ゲッキー「じゃあ、僕はこの通路の先を探索します。」

ぼぼぼん。

緑の♡猫「みんな、召喚するよー。」

4人「はーーーーーーーー。いえい!」

じゅぱん

大樹の石像神「私はふしぎなふしぎな、緑の石像をつかさどる女神。緑の石像の真の力を解き放ちました。使うといいことありますよ♪」

―――――――――――

緑の♡猫「じゃあ戻るね。みんなも戻ってね!」

ぼぼぼん。

〝銀色真珠をくじMに託した、愛しのポセイ統領(どん)じゃ(・∀・)。さて。これは夢のメッセージで、かつての私でありつつ、現在のわしだが、これを使うことで、銀色の女神・・・石像を呼ぶことができるかもしれないので。今その効果を解き放った。では―――〟

リスキー「かんりょーーーー(≧▽≦)」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2019年06月25日

7章 Part344 ~はろー✧アローハ♪ぼんじゅーるっ(^_-)-☆~

しろねこ「倉庫袋の説明。――ハンターの資格有。この袋を持っていれば、色々なアイテムを持っていることができます。よって、宝箱が出現するようになります♡」

ゲッキー「あのぅ。召喚の間に出ました。みなさん、どうしますか??」

しろねこ(P2)「わたし、この通路のもう少し先、何かある気がする。誰か来て。」

緑の♡猫「僕が行くよ。―――マークキャンディー。お絵描き飴。食べた場所に戻ることができる。直前の場所のみ有効。――使うと無くなっちゃう。」

ぼんっ

ゲッキー「では、ハートのねこ♡さんが来てくれましたので、僕が若いしろねこさんの方に行きます。」

ぼんっ♡
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

7章 Part343 ~気が合ったです(≧ω≦)♡~

緑の♡猫「ハートのキャンディー。好きな仲間を呼ぶことができる。自分が好きな仲間のところに行くこともできる。ワープ飴。使うと無くなっちゃう。つまり、全員でワープしなくてもいい。」

頼れる聖騎士「なんか、火と氷を吹くドラゴンがおもしろいです。だんだん気が合って試合をしている気がしてきました。うきょーーーー♡」

リスキー「宝箱見つけたよ――。銀色真珠♡だって。」

くじM市長「あ、それ、わいがマリンロードから、どっかに送ったやつや( ゚Д゚)♡」

ざららん「なになに・・・? これを使うと、銀色の石像が出現するようになります!?」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2019年06月23日

7章 Part342 ~ストロング・おタワむれ☼☼~

ふしぎな木「聖騎士さんと、ちゃっかーは、700階層で、ドラゴンとか鎧とか影みたいな強力モンスターたちと、ストイックにおタワむれしています(・∀・)」

ふしぎな木(P2)「ストイックです(・∀・)」

――――――――

わたげ「見つけましたよ―。ピンクの石像です。」

くじM市長「おお、そういえば、みんなに伝えたかったことがあんねん。」

――――――――

しろねこ(P2)「不思議な大広間っぽいところがいくつもつながっている、お城みたいな通路に出たよー。このまま進むね。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

7章 Part341 ~キャンディー✧おいしい(・∀・)♡~

しろねこ(P2)「精妙の飴・・・このキャンディーをなめると、1つにつき10階層上方にワープできます。1階ごとに指定できます。――本人の最高到達度まで有効♡」

緑の♡猫(P2)「粗野の飴・・・このキャンディーをなめると、ひとつにつき10階層下方にワープできます。1階ごとに指定できます。」

使うと無くなっちゃう♡


ちゃっかりキング「おいしいんだよねー。このキャンディー。2つとも♪」

ラッシープリンセス「えー。聖騎士が724階、ちゃっかーが707階。・・・」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

7章 Part340 ~マロンロード ないしょやで✧~

頼れる聖騎士「僕は、それを踏まえて、700階クラスの宿敵と戦ってきます。 皆さんは、それぞれの階層エリアにて皆さんの役割を、楽しく果たしてください!」

緑の♡猫「オーケー!ごま三!いつもアリガトね!!」


くじM市長「わいもまた、海のまほうみち、マロンロード、・・・てか、マリンロードで、幾多のスッぎょいしゅぎょーをしてきたさかいな。あ、これ、ないしょやで。ハートのねこ♡はんたちが、2回目潜行しとったときのな、出来事やねん。」


ふしぎな木「くじMさん。喋ってますよね(・∀・)」

ふしぎな木(P2)「あ、はじめまして、こんにちは。――ほんとですね。喋ってますね(・∀・)」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

7章 Part339 ~揺るがぬハッピ!~

緑の♡猫(P2)「これがバランスブレイクとか、作者のエゴとか、チートとか、ご都合主義っていうには、あまりにも甘々な一つの揺るがぬ事実があるよね。」

しろねこ(P2)「このまま、700階を越えていくときに、意識の修行は、急激なパラダイムシフトを迎える。――精妙さ100%の心身というのはリアルに矛盾しているのよ。――これ、達成不可能としての達成可能ということになる。」

リスキー「僕も思ったよー。だからね。お船や電車みたいに、フツーのことだと思うって前みんなで話したんだー。結局は、進んでいくってことなんだよ――!!」


そう。幸せというのが実感できるのは、起こることが起こるということの中に、幸せだと感じる何か具体的な流れがあるということなんだから。
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

にほんブログ村