2021年11月17日

[✱]章 Part181 ~フォークジュール家の〝世界史〟~

レッドリ「博士。それでね。 私は、言ったんだ。 母上。 私は、自由であるために、生まれてきたんだ。 緑の大陸は 、その 自由の中心地。 しんぴの草花が、リーフウェブロード、世界道によって運ばれ、人々が平和になるための、声が、広がっているんだ、と。」

ミルキィ「フォークジュール家はね。 ここも含めた、僕らの世界では、とても珍しい、異世界で成す形式の一つだと 言われることもある、〝家族〟という 形式を、モチーフにしているんだよ。 異世界の神は、夫婦に子を授けるんだ。 レリッドフォークの その城屋敷では、才能を見ることができる、選ばれた夫婦が 代々、継承とされ、神様から授かり 大地に産み落とされた子どもの中から、次の後継者を選んで、育てるんだ。 リルは、本人が持っていた レッドリ、そして、フォークジュール家の ジュール、この2つの名前から、現在の名前を 名乗っているんだ。」

ふむふむ。 養子に、近い?
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ハートのねこ♡〔✱〕の大冒険☆彡 | 更新情報をチェックする

2021年11月16日

[✱]章 Part180 ~ワクワクの〝この時〟🌻~

レッドリとミルキィは、博士の薬膳料理を モリモリ食べて、環境草花に囲まれた、想いの丘で、精力の修業を 開始しました。


緑の大陸は、ここ数年、ハートのねこ♡たち、冒険鉄人ズによって、基本的には、隅から隅まで、網羅されておりました。

博士もまた、測量を終えて、緑のエリアは、全体的に、西側の国の人々に、マップ公開されるまでに 至ります。


環境草花を 西へと持ち帰るのは、基本、フリーです。

このホットな話題を 聞きつけてか、平和を求める動機を得た半生の、この二人は、想いの丘、博士のもとへと、たどり着くことに、なるのです。


世界では、これまで 何が起こっていたのか、これから 何が起こるのか。

ベールに包まれた、この緑の大地の、丘の、見落としきれない、なにか、ハートに 流れ込んでくる、光。


そんな、ワクワクの、この時を、皆、感じながら。
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ハートのねこ♡〔✱〕の大冒険☆彡 | 更新情報をチェックする

2021年11月15日

[✱]章 Part179 ~ブタねこ博士の新たな興味❀~

緑の♡猫〔*〕「個性派でしょ\(◎o◎)/!?」

しろねこ〔*〕「そうでしょ\(◎o◎)/!」



ブタねこ博士「また、よく、こんな 大胆不敵な すごいの、連れてきたんじゃのー(。-`ω-)」



緑の♡猫〔*〕「僕たちと同じ、冒険鉄人ズなんだよー。」

ブタねこ博士「じゃろうと思ーた(。-∀-)」


しろねこ〔*〕「環境草花と、精力修行について、興味があるんですって。」

ブタねこ博士「わかった、わかった。 ちゃんと、レクチャーするわい。 そのかわり、ミルキィとレッドリ。 西の諸外国について、いろいろ、わしに話してくれの。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ハートのねこ♡〔✱〕の大冒険☆彡 | 更新情報をチェックする

2021年11月14日

[✱]章 Part178 ~夕日の丘の💛新士(しんし)の〝であい〟!~

午後も、夕方に差し掛かったころ、4人は、想いの丘に、着きました。


緑の♡猫〔*〕「博士ーー。」


ブタねこ博士「おおー。ハートのねこ♡よ。 新たな本が 手に入ったんかいのー?」

しろねこ〔*〕「お客さん、というか、トモダチ、連れてきたよー。」


ブタねこ博士「うん?」




レッドリ「西の国から参りました、レッドリ=ジュール だよ。」

ミルキィ「同じく。 自分は、ミルキィ=ミル。 博士に会うために、ここまでやってきたんだよ。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ハートのねこ♡〔✱〕の大冒険☆彡 | 更新情報をチェックする

2021年11月13日

[✱]章 Part177 ~ブタねこ博士に会いに行こう!~



緑の♡猫〔*〕「想いの丘は、緑の大陸の 中央部に 近いところにあるんだ。 虹の橋エリアからは、ちょっと、歩くよ。」

しろねこ〔*〕「南東のあたりに、大きなリバーラインがあって、その上流、湖の近くにある丘なんだ。」

ミルキィ「緑の大地の、博識家。 彼に会って、世界平和について、議論することが、自分の夢だったんだよ。 彼は、しんぴ草の薬膳料理の研究家でもあるよ。 いろいろと、興味が尽きないわけなんだよね。」

レッドリ「私は、ぜひ、精力の使い方を、この地で修行して学びたいね。 そうすれば、新たな冒険への扉が、開かれる気がするんだ。」


4人は、鋭い速さで、想いの丘に、向かいます。
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ハートのねこ♡〔✱〕の大冒険☆彡 | 更新情報をチェックする

2021年11月12日

[✱]章 Part176 ~ハートのねこ♡たちの〝ふしぎなエナジー〟☀~

緑の♡猫〔*〕「僕の故郷にはね。ブタねこ博士っていう 物知りな人が いるんだよ。 今、博士が住んでいる、想いの丘。 ここ、しんぴ草が、とっても、まばゆく、あたたかく、咲き誇っている場所だから、諸外国から来た人たちは、驚くよ。」

しろねこ〔*〕「私たちって、博士たちと、研究して、精力の使い方を、引き出したのよ。」


緑の♡猫〔*〕「見ててね。」


ハートのねこ♡の 周りが、白く、時に、赤く、光り輝きました。


レッドリ「これは・・・。 私の 風を操るものと、同種のものかな? すこし・・・違うね。 オーラが、目に見える。 技として取り出すのではなく、エネルギーを纏うのだろうか。」

ミルキィ「自分は、聞いたことがあるよ。 精力というのは、環境草花、つまり、この大陸の、しんぴ草によって、自然に目覚めることがある力、もしくは、自由を夢見る生き方の中に、開化のヒントが 隠されているとか。 その本を書いた人が…」

しろねこ〔*〕「博士なんだね(^^♪」cccccccc
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ハートのねこ♡〔✱〕の大冒険☆彡 | 更新情報をチェックする

2021年11月11日

[✱]章 Part175 ~ハートの語らい💛宵の夢☆彡~

その日、虹の橋を越えて、二人の勇敢な若者が、この地にやってきました。

そして、4人は、かなり、意気投合し、ハートのねこ♡たちのホームで、盛り上がりました。


西の諸外国には、いろいろな国や、町、人々の歴史と文化、その集まりが、あります。

彼らは、その中の 一つか二つの町の文化を吸って育ち、この緑の地へ、旅をしてきたのです。


一方、ハートのねこ♡たちも、すべては 覚えていないけれど、とてつもない、信じられないような、数々の冒険を 経験しています。

この2組が出会うとき、いまだ起こらなかった、歴史の扉が、開かれようとしています。


そして、朝が、やってきます。
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ハートのねこ♡〔✱〕の大冒険☆彡 | 更新情報をチェックする

にほんブログ村