2018年02月03日

6章 Part191 ~やっぱり僕だよ~

緑の縞猫「そうだよね。僕は、ちょっとだけ、あの石板のことが気になる気がする。」

緑の縞猫(F2)「やっぱり僕だよ。君になら、話してもいいかな。僕たちが知ったこと。僕たちが知ってしまったこと。」

しろねこ「え? どういうこと? しって・・・しまった??」


ふしぎな木「んんんんん(・∀・)?」

―――――――――
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| 緑の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

6章 Part190 ~興味を持つこと~

緑の縞猫「もしかしてさ。世界中を今から回ったりすると、時間が短くなる?」


緑の縞猫(F2)「というかね。僕の仮説なんだけど、1、丘からは離れすぎない方がいい。 ちょっとさ、心配なんだ。で――」

緑の縞猫(F2)「2、丘から離れて世界を回るってことを僕たちはやっていたんじゃないか? 考えてみれば、持って帰れないものが多い中で、僕たちがさ、僕がさ、今この瞬間に、ここに来てすぐに興味を持つことといえば・・・」
posted by ファンタジー✡とど at 20:45| 緑の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

6章 Part189 ~夢で見たよ~

緑の縞猫(F2)「うんうん。自分の自由なる直観を大切にするといい。 当時の僕が、今の君たちが、こうやって導かれたのは、1、何やらわからない得体のしれないことと関係のある事柄、2、天空樹が育ってきたこと。 どっちでもないかもしれないし、どっちかかもしれないんだけど、僕は両方じゃないかと思う。 で、世界の樹(き)の成長に応じて、この世界に滞在できる時間が、僅かに長くなるような気も・・・しなくはないんだけれど、ああ、夢で見ただけだよ。 僕たちは、1週間だったからさ。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| 緑の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

6章 Part188 ~ワンダーうぃーく!?~

しまねこ・しろねこ「一週間(・∀・)!??」


緑の縞猫(F2)「長い? 短い??」

緑の縞猫「うーーーん。よくわかんない(^^」


しろねこ「私たち、何か役割があって、ここに来た、ってわけじゃぁないよね?」

緑の縞猫(F2)「そこだよね。 虹の橋の時は、色々と不明確に明確だったから、あれはもはや確定事項って感じだったけど―――」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| 緑の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

6章 Part187 ~〝2つ〟で~

緑の縞猫(F2)「いやいやぁーーーー。それほどでもないって。 鏡は2つしか無くてもさぁ。(笑)。そう、あれよ。僕としろねこだけだから(^^♪ 知れることも知れてるし、そもそもさぁ。 のんきにシティを歩いて、元の世界に帰る――って(笑)」


しろねこ「で、わたしたちって、いつ帰るの?」

緑の縞猫(F2)「あくまで多分なんだけどね。」


――――――――――
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| 緑の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

6章 Part186 ~行ってきた~

お話は、しまねことしろねこのお家で、ゆっくりと続きます。


緑の縞猫(F2)「僕がね、君たちの世界に来たわけじゃないんだよ。」

緑の縞猫「分かってる。ちょっとだけ、僕たちの知っている想いの丘じゃないから。」

緑の縞猫(F2)「でね! 僕たちは、僕としろねこは、2年後の世界に行ってきたんだ。 2年前に、ね。お散歩をしてさ。そうしたらさ。―――知ってるよね?(笑)」


しろねこ「続くの?? 複雑に?????」
posted by ファンタジー✡とど at 20:56| 緑の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

6章 Part185 ~気になる気になるー(>∀<)☀~

緑の縞猫「えええええーーー? けっこう気にならない――?」

緑の縞猫(F2)「まーねーー。でも西の国にある遺跡だからさ。オークションに出たのも、所有権があの学者に正式に渡ったことからの、逆に譲りますーってだけだったし。――ただね。気になることがあるんだ。もしかしたら、その神殿。何かと関係しているかもしれないんだ。たださ。基本的には…。何も関係ない。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| 緑の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

にほんブログ村