2017年10月03日

6章 Part68 ~ビバ(≧▽≦)ω〝南の小島〟☆~

ブゥゥゥゥゥゥ――――――――

〝次の停車駅は、サウスグリーンアイランド、南の小島です。南の小島は、南の緑の島として、クロスグリーンステーションの南にあるエリアとして、駅は、サウスグリーンステーションとも呼ばれています。 ココナッツをはじめとするトロピカルフルーツが充実する島で、かがやきのビーチリゾートの別荘地として、皆に親しまれて新しい場所です〟

緑の縞猫「解説付きなんだぁ―。」

しろねこ「おおおお!やり始めたんだ、解説。」
posted by ファンタジー✡とど at 12:57| 緑の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

6章 Part67 ~りすのダッシュで見に行くね♪~

緑の縞猫「そーだよー(・∀・) 初めて乗るんだ。本格的に天空の木が咲いたんだ―。」

リスキー「そーれはよかったぁぁぁーっ(≧▽≦) オメデトーー。僕もりすのダッシュで見に行くね♪~」

緑の縞猫「じゃぁ、気を付けてねー。きっと、夜もきれーだよ――。」

船長リスキーを見送りながら、しまねこは駆け足で緑のシティライン2号へ!

――――――――

しろねこ「リスキーが11時半にここに来てくれていると、何もかもがうまくいっているって感じになるよね。」
posted by ファンタジー✡とど at 05:00| 緑の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

6章 Part66 ~駅弁抱えると ♡な〝お見送り〟~

緑の縞猫「2つください。」

駅弁を売るイカシタ人「へーい。アリガトー。」


緑の縞猫「おーい。リスキー!!!」

リスキー「おおおお!しまねこ(・∀・) マジカルスノーに行くのーーーー(≧▽≦)(≧▽≦)?」
posted by ファンタジー✡とど at 07:22| 緑の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

6章 Part65 ~王都駅最強の...!(・∀・)~

〝王都駅では、3分、停車します〟

緑の縞猫「着くよ着くよー。ああ、この時間帯に、この場所から、第2回のリバーラインレースをしたんだよねー。」

しろねこ「降りてきなよ。頼むねー。」

緑の縞猫「よし。まかせて。」

――――

駅弁を売るイカシタ人「へーい!マジカルスノーに行くんだねー。最強のしんぴのサンドイッチ&ハンバーグ弁当その名も〝クロスグリーンステーション駅弁〟あるよーー。」
posted by ファンタジー✡とど at 21:06| 緑の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

6章 Part64 ~休憩所(仮)の〝いま〟~

緑の縞猫「というより、あの休憩所(仮)はどうなっているの?」

しろねこ「とてもすてきに変わっているんだって。 賢者マインの科学発掘隊の意向によれば、まるで自由に歩くように道草してほしいって意味での休憩所(仮)。今や臨時の見学駅だけど、色々と技術物資と臨時車庫にもなってて、トロッコ列車も収まっているらしいんだよね。すごいでしょ?」

緑の縞猫「さりげに恐怖体験を思い出しちゃってたのかなぁ。むしろいかなきゃな場所。」

しろねこ「お楽しみは、取っといた方が良かったんじゃない?」

―――――――

〝まもなく、王都エリア、クロスグリーンステーションに到着です〟
posted by ファンタジー✡とど at 05:00| 緑の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

6章 Part63 ~集約的! スピードサービス~

むしゃむしゃω

しろねこ「あれでしょ? 蓄電池の限界的に、時速120キロ走行は、時速60キロ走行の4倍くらいのエネルギーを使うから、わたしたちの利便性と技術の実用性を考慮に入れて、4両編成でキチ。トンネル内の途中で止まると、朝まで復旧作業に追われるらしい(・∀・)」

緑の縞猫「線路に錬金関連の魔法を流して、電力として還元しようって動きもあるけどね。それはまだまだ先の話~ 超電導的な。」

しろねこ「で、遠慮したあなたが シティラインでスノーに行く絶好の機会が、今ってわけよ!」

緑の縞猫「君が乗って行ったってそういえば何となく聞いていたから、僕はいいかな、と。マリントンネル通ったし。」
posted by ファンタジー✡とど at 05:57| 緑の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

6章 Part62 ~大人気に〝隙間〟なし~

しろねこ「あれでしょ? 連日、臨時トロッコ列車が往復しただけだったけど、海峡線、マリン諸島のエリアに、乗車率170%が続きに続いたから、ダーリン、乗るのを控えてたってことだよね。かくいうわたしも、あの後、ちょっと静かな丘にべったりしてた(・∀・)」

緑の縞猫「現在、だいぶ落ち着いてきたって話だけどね。楽しんで乗るのは良いことなのだから、たくさん乗ってていいんだよ。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:05| 緑の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

にほんブログ村