2020年05月11日

9章 Part?[1] ~あぽーん(・∀・)~

大魔王アマプティニヌス「我、全知全能、究極無比、最強の支配者なり。 全ては、我のために、我以外はすべてが 時の中で微睡み、溶解し、何者も、存在を主張することが出来ぬのだ。 うぬどもが、我に束になったところで、すべて無意味である。 そう。 全てを還した実感が確かなように…。 なぜだ! なぜ うぬらは 生きておる・・・!!!!! ぐぬぬぬぬ・・・。」

レア「まだか! ライト! お前の光のエネルギーで、奴を消し去れ!!」

ヌース「大魔王! まだ、私には 力が残っているぞ。 人-魔族の経験と力と心、そのすべての まほう闘技は、私の真の誇りなのだ。 エリーの為にも、100%の開放を アルティメット・バーンした、私の1000%。 この命、惜しくはない。 さあ、時間稼ぎと行こうか。 いや、倒してやる!! このすべてに変えてもな!! 私は、天の貴公士!!! ジュバァァ――――ン☀☀Σω☆彡」

緑の♡猫「大魔王! お前の言っている、すべてが、ほんとうに、すべてが、すべてを取り違えているんだ!!」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 9章「魔の世界✦編」 | 更新情報をチェックする

2020年05月12日

9章 Part?[2] ~時のエンライト~

大魔王アマプティニヌス「世界は支配した。 我の中には、確かな実感があったのだ。 だが・・・なぜだ・・・。 うぬらの 乏しき隠れ家は、あの木もろとも、葬ったはずだ。 我の魂の前で、食ろうてやった。 苦悪(クウ)にしたやったのだ。 すべては、時から逸脱して、腐敗した。 我の大好物に!! 全ての悲鳴は、幻想の中で最高潮に。 覚えておらぬほどに一瞬で、すべては、黒と廃紫の恍惚毒へと、死に薫ったはずだ!! 我は、そのすべてを見た!! してやったのだぁ―!!」

ダイア「ハートのねこ♡たちの故郷は、確かに、危機的状況にあったと聞きます。 しかし、あなたは、時間を操りすぎた。 あざけ過ぎたのです。 時とは、すべて、エンライト。 正しき今という未来へ、導く力なのです。 あなたの行った、ありとあらゆる、実態のない実態行為は、全てに見られているのです。 本当の空とは、何者にも 見られることはありません! それは 太陽のようであり、あなたが 根源的に 恐れているものなのです!」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 9章「魔の世界✦編」 | 更新情報をチェックする

2020年05月13日

9章 Part?[3] ~閃光きらきらっと~ ☆ハイライト・エナジー☆

大魔王アマプティニヌス「ナルホド・・・。 うぬらの すべての拠所 は、壊さねば ならぬな。 その理(ことわり)の 性(しょう)質は、すべて。 すべて。 我は、時空をも 魔ドロドロ消させ、そう。すべてだ。 うぬらのその、時間の因果すべてを。 別の宇宙などと言う、下らぬ幻滅は、すべてが我であるという一点によって、すべてだ。 もう一度言おう。 すべてなのだ!!!」

しろねこ「ダイア! わたしの、閃光きらきらっと!は、十二分に行きわたったよね!?」

ダイア「はい。 ドラゴンのハイライト=エナジー形態で、すべての精妙力は、この身に宿しました。 この界ならば、誰にも迷惑が掛からず、すべてを、そうすべてを・・・。 今! 終わらせます。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 9章「魔の世界✦編」 | 更新情報をチェックする

2020年05月14日

9章 Part?[4] ~既知(キチ)では解けない方程式~ ☆シンプルな回答☆

大魔王アマプティニヌス「時は来た。 我が見たものは、未来! そうだ。 我は、すべてのすべてを 支配する者なり。 空間も、時も、下らぬ やりとりも。 我は すべてを見たのだ。 全ては 我に 見下された。 永遠に。そう、永続に、我こそが、すべてを見下す存在、究極の目撃見者!!」

ポセ「言っていろ!大魔王!! 哀れなやつよ。 実態を もてあそんだ挙句、長寿の神気取りか…。 私もまた、長く生きた。 しかし、ハートのねこ♡たちに出会って、長き時、精妙な魂であること そのものに、大した深い意味はないのだ。 すべては、執着を離した先に、シンプルな回答が待っている。 決して、理屈では解けない方程式がな。 お前の回答は、誤りだ! 偽の大賢人!!」

ワレハ、ヒトデハナイ。 イマ、スベテガ、ムニキストキ!!
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 9章「魔の世界✦編」 | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

9章 Part?[5] ~チョコのように✦✧✦~

レア「知っているぞ。 さらなる過去に行き、魔像に、毒腐敗の黒下卑まほうみちを うわ塗って、非実態となり、そのすべてを、忘れながら、自動的に、永続連鎖させようというのだろう。 また、すべてが滅ぶ。 時間の中で。 これは、非時間などというものではない。 時間のあらゆる、間違った回答が、バグが、その等式を、誤錯せんとする。 お前しか、その誤認識へと至る、たわけはない。 他の誰も、魔の界の誰も、お前には、賛同しないぞ!!」

大魔王アマプティニヌス「残念だ…。レアールよ。 お前の漆黒は、我の実態にふさわしい。 全てを使って、我は、お前を頂かんとしたのだぞ。 さあ、我に吸収されよ。 我と一体になるのだ。 レアールよ!! 幾度も抗争をけしかけた、うぬの友、我こそは、うぬ唯一の肉親、さあ、ここちかろう。 あの戦いの日々を。 英雄伝記の 輝明の日々が。 人類のすべてが、栄光と羨望のまなざしで・・・そう、虚栄の王座は、どうだった??」

レア「はぁ・・・。 私は、貴様に気を許したことなどないぞ。 肌の色で、区別などするわけだな。 私の大好物を教えてやろう。 エルフの国の、チョコレートケーキだ!!」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 9章「魔の世界✦編」 | 更新情報をチェックする

2020年05月16日

9章 Part?[6] ~ヌースの茶理気(さりげ)なエピソード!~

大魔王アマプティニヌス「はーっはっはっはっはっは。 残念な。 そもそも、ドラゴン様ともあろう うぬが、くっきりと形をとどめた、果てるしかない有形なオブジェに、ダイコウブツ・・・だと? ――― そうだ。 今の我は、この世界に 実態を吸収して表われし神。 その真実は、無。すべての虚無。 最恐のアビス。 ゆえに、究極の完成形態。 全ては 我でありながら、我に憧れ、すべては 我という完全体に対する 不完全なパーツ。 レアールよ。うぬこそ、その我のプロモーションに、最も適役だ。 さあ、我と共に滅びよ! 栄光だぞ! 無である我らに、滅びはない! さあ、滅びよ!! レアール!!!」

ヌース「今決めたぞ。 私は、愛の竜騎士! レアよ。 私もチョコは好きだ。 エリーから、毎年貰っていたからな! これで機動力1億倍!! いよいよ勝機はないな。大魔王!!」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 9章「魔の世界✦編」 | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

9章 Part?[7] ~しろねこ〝と〟ダイアナちゃん〝の〟✧✧✧~

大魔王アマプティニヌス「残念!! 今全てが整った。 我、究極の真理の像。 いま、世界のすべては消えるのだ。 ご苦労様…。 さあ・・・。 振り出しだ。」


ブゥゥゥゥゥゥゥゥーーーーーーーーーーー・・・・・・・・


レア「ライト! 今だぁ――――!!」

ダイア「はい!!」


しろねこ「究極の光は・・・ 大魔王の影の すべてを捉えて、隠れうる その全部を、シンプルに… 一点に!!!!!!」


オワッタァ・・・。

ヤット・・・。 スベテガ、ムニ・・・。


アアアアア?


緑の♡猫「よし! 黒い塊になった。 中心が黒い、なんか、へんなやつだな…。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 9章「魔の世界✦編」 | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

9章 Part?[8] ~強く輝く愛の光(ライト)~

大魔王アマプティニヌス「なんだ・・・と?」

ヌース「かつて、エリーたちを襲った狂気。 お前は、バグだった。 私から見て、矛盾だけで作り上げられた存在。 私は、何とかしておかなければならない・・・と思った。 あまりに、理屈から外れすぎているからだ。 世の中には、皆、最後の最後で改心する。 その最後が無いのだというバグ、これは、人類の成長試練の中で、本来在りえない矛盾点として、擬似的に現れる心配だったはずなのだ。 しかし、究極的には、何でもできる。 それが世界だ。 兵器は、進歩のための恩恵に対する心配…、だったはずが、すべての進歩の何もかもを、破滅にすることができるという方程式、そんなものは無いのだが、それを巧妙に実行しようという意図が、非実態として定立された例なのだ。 しかし、本来、有形の人には 決して思いつかぬ類のそれを、人にすら植え付けることができる 正体不明の化け物。 それがお前だ。 最終的に、誰からも理解されることはない。 だから、決して、味方を作ることはできない。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 9章「魔の世界✦編」 | 更新情報をチェックする

2020年05月19日

9章 Part?[9] ~けんちゃんの〝マープィ〟~

大魔王アマプティニヌス「それこそが、すべての無、すべての神のすべてなのだ。 それが破壊。 真理の破壊なのだよ。」

大賢人「確かに、それそのものの 破壊自体の観念には、善も悪もない。 だがな。 あえて、あらゆる繋がりを意図的に分析した結果、気が狂う時間の中で、計算して、そのつながりの無い方へと移動するような 欺瞞的な行為を、創造という破壊、に帰することはできない。 ある者は かつてそう呼ばれた。 今は、どうだ?―――そろそろ、決着をつけよう。 帰してもらうぞ!! 大魔王!!!!!」

大魔王アマプティニヌス「笑止! 我こそは唯一無二。 究極のすべて。 大魔王、アマプティニヌスなり!!」

ダイア「マープィ・・・。 ―――――――――大魔王・・・!!」

ヌース「レアよ! 行くぞ!! 最終決戦だ!!!!!」

レア「アルティメット=O.K!だ。 私のすべての力を使って、あの、闇を、黙らせよう。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 9章「魔の世界✦編」 | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

9章 Part?[10] ~大魔王の変質!?=Σ~

しろねこ「なんなの・・・? あれ。 なんか・・・、本で読んだようなの…。 ブラックホールの・・・ウイルスみたい。 中心に無限の重力があって、吸い込まれたら、全てが潰されそう。 放散している変なエネルギーも、球状に薄いグラデーションをまとっていて、安全に思えない。 レア! ヌース! 近づいちゃだめよ!! 何か、対策を考えるから!!」

大魔王アマプティニヌス「我、今より、破滅を開始。 この世界、いや、目に届くすべての世界を、この、闇ウイルス、ダーク・ホールで、まとわりつくしてやろう。 今、我は一体化した。 この間の世界、いや、すべての天地、すべてが、我だ。 もはや、すべては、我になったのだ。」

ポセ「不条理な…。 それは・・・許せぬな。 真剣に。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 9章「魔の世界✦編」 | 更新情報をチェックする