2018年08月06日

7章 Part21 ~そよかぜのように~

というわけで、丘の家に帰宅です。


緑の♡猫「もう午後だけど、そうだよ。あの声。なんか、絶対始まる。」

しろねこ「そうそう。なんか、始まる。皆に相談しようよ。」


そして1日が終わり。


グーグーグー。今日もグッナイ♡
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

7章 Part22 ~1号にて朝食~

―――――――ガタゴトン

〝この電車は、グリーンシティライン快速 クロスグリーンステーション・マリン諸島方面、マジカルスノー行きです。〟


緑の♡猫「現在、とど王国の中心部のことを、緑の大陸では〝マジカルスノー〟って言ってるよね。」

しろねこ「快速で朝食が食べられるのが、緑のシティ~クロスグリーンSt.間の1号だけだからね。便利だね。」


もぐもぐ。
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2018年08月08日

7章 Part23 ~おなじみのエリア~

―――――――――――〝まもなく 緑の王都、クロスグリーンステーション♪~〟


////////////////////////――――――――ウウウウウウウウーーーーーーーン ガタゴトン


緑の♡猫「というわけで、市長と博士は今こっちに居るから、シティラインで来ました♡」

しろねこ「まだ8時半でっす。いい感じに、久しぶりやぁ――('◇')ゞ」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

7章 Part24 ~わいわいのフィールド~

緑の♡猫「ちょっと、その辺散歩していく?」

しろねこ「そうだね。」


//////////////// サァーーーーーーーーー


緑の♡猫「あそこが、第2回リバーラインレースの賑わいのスタート地点。わいわいのフィールド。 今、リスキーの定期便、グリーンシップが無事、りすの小島より グリーンシティレイク方面へ出航♪~ リバーラインを世界樹に向けて登ってく♪」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

7章 Part25 ~時速80キロの定期船~

しろねこ「超人気だよね。グリーンシップ。でも、陸地の人々の中には、船で鉄道並みに快走するから、酔っちゃう人がいて、電車がいいようって意見も多い。」

緑の♡猫「あの船は特別だからね。雪国の発想だから、水を下方向の圧力で固めて まるで高速進行できる線路にするような魔法触媒力学的な要素があるんだよ。 鉄道っぽい走り方ができる。 一種のリニアモーターソリ。」

しろねこ「相変わらず、水上を時速80キロって…(笑)」

ふしぎな木「不思議ですよねー(≧▽≦)」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

7章 Part26 ~ビバ接続周遊タイム~

緑の♡猫「ああ、そうそう。西の国のめっちゃオイシイぶたまん店がここにできたんだ。緑の大陸1号店クロスグリーンステーションショップ。」

しろねこ「この8時半は、定期船・電車 ともにビバ接続周遊タイムだから、人多くて、開店9時なんだけど、作りたてを今展開しているところだから、行列がすぎょい。」

緑の♡猫「あああ。見てるだけでお腹が減って来たよ。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

7章 Part27 ~おいしい差し入れ♡~

しろねこ「100人以上並んでるからね(笑)」

緑の♡猫「博士たちにお土産を持って行こう。お土産というか、朝食ないしランチの差し入れ?」


というわけで、きちんと並んで買いました♡


しろねこ「さて。王都のライブラリーへ行きましょうか。会議室♡会議室♡」

――――――――――
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2018年08月13日

7章 Part28 ~お!久し♪~

緑の♡猫「やっほーーーーー(≧▽≦)」


ブタねこ博士「おおおおお! 久しぶりじゃの! で、どうじゃ?」


しろねこ「連絡した通り、博士たちとお話したいことがあるのよ。」

緑の♡猫「天空の大樹が、僕らに向かって、しゃべりかけてきたんだ。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2018年08月14日

7章 Part29 ~ぜひどうぞ~

ブタねこ博士「なるほどのぅ。今までも、何となくはこういった経験をしとるじゃろうと思うたが、今回はちょっと積極的じゃな。」


〝博士~ 市長がお見えになりました!〟


くじM「こんにちわー。わい来たデー。以前のシティライン以来やなぁ。」

緑の♡猫「おお!市長。たこ焼のお礼。」


ぶたまんはまだ暖かいんだよん♡
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2018年08月15日

7章 Part30 ~いただきます☆~

くじM「やっぱうまいなぁ。ちょっと忙しゅうて、腹減ってたさかい、めっちゃ助かるわ。」

しろねこ「よかった。ちょうどお腹空いてたんだね。」

ブタねこ博士「でじゃ。ぶたまんについてじゃが、うみのぎゅ~と同じで、言葉が通じない野生の動物がおってのぅ。わしらとは全く違った、人ではないやつじゃ。 こういったことは 異世界交流でさらに色々と身近になるはずじゃが… 心を持たない外来種・・・ぶつぶつ」

くじM「そっちいってもーた( ゚Д゚)?」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする