2017年09月06日

6章 Part41 ~かわいい秋の この日すてきな~ プロローグ ON「エピソード2」!!

時は秋真っ盛り♪

一面紅葉に覆われた緑の街と大陸は、とても紅くて美しい(*'▽')

今回は、そんな、フォールオータムな、秋のお話。

―――――

〝緑のRadio~♪~ おはよー!! さあ、今日は、どんな日かな。 ねこのひとはぁぁぁーーーー〟

じゃかじゃかじゃかじゃかじゃんじゃんじゃんじゃん

緑の縞猫「(・∀・)・・・・・」

〝いい日だぁぁぁ――。なんか凄いことが、起こるかも〟
posted by ファンタジー✡とど at 06:19| 緑の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

6章 Part42 ~緑の木々は 大はりきり!!~ ☆より紅くてすごいの♪☆

しろねこ「って、ねこのひと たくさんいるでしょ(^^」

にゃんにゃんにゃんにゃんω

〝さぁーて。かわいいねこのイメージソング! 紅葉のきれいな緑の街で、あなたも にゃんωω―― では――♪~〟

緑の縞猫「そうそう。緑の大陸では、ずっと春みたいな気候だけれど、今年は、今までで一番、秋らしい紅葉が盛んな、緑の秋!!!!!」

しろねこ「虹の橋が架かって10年、最初のレースが開催されて、王国ができて 雪の国へ行って、次の年に 過去の世界へ行って、その次の年、つまり今年春に、2回目のリバーラインレース。 緑のシティができて、電車が走って、そして、秋!!」
posted by ファンタジー✡とど at 07:09| 緑の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

6章 Part43 ~虹の橋を渡ろう♪~ ☆繋いだ希望が〝いま〟☆

〝虹のアーチが誕生して、12年半! 西の国からは、多くの観光客、新たな住民候補がやってきています。あざらし女王とブタねこ博士は、移民の積極的な受け入れ態勢を示し、ガンガン街を楽しんで発展させようということです。 その虹のアーチですが、とてもきれいで、緑の大陸の、歴史的発展の象徴となっております〟

緑の縞猫「うんうん。橋を架けてくれた人々に、繋がりに感謝だなぁ(・ω・)ノ」

しろねこ「街が発展したのは、みんなが最良の意味で〝自由〟を愛したから。だから、こうやって街々に人が集まってくるのは、電車もシティもできた理由そのものだって。そういうことだよね。」
posted by ファンタジー✡とど at 06:31| 緑の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

6章 Part44 ~なんだかビー玉 ラムネのこころ~ ☆クール&カラフル☆

〝虹のアーチは、おなじみ、太陽の光を反射して、色つやある生きた橋。日光を吸収する感じで生きているのかもしれませんね! 観光スポットとしてもとても人気で、数年後になるのでしょうか、西の国まで電車が走る、虹のアーチ上に線路ができる日が、とても楽しみです。 マジカルスノーの鉄道部門の技術学者さんたちの見解によりますと、今後数年は、現存する緑のシティラインの線路・列車・安全ナビ そういった機構を基礎に、その内部を維持発展させる方向となるでしょうということでした〟

しろねこ「すぐには虹の橋に線路通らないんだね。」
posted by ファンタジー✡とど at 06:18| 緑の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

6章 Part45 ~西の大陸とシティライン近況~

緑の縞猫「やっぱり、スノーの技術だからね。 まぁ、市長の技術者グループもかなり頑張って、実質、緑と雪のシティ・テクノロジーって感じで、安全性の合意が2大陸で成されているってことだから、西の数多くの国との合意が得られていない以上、安易に技術を拡張はできない、本当に安全に運用できると分かるまでは。」

しろねこ「というよりは、単純に、西の諸国家が遠いのよね。確か、リーフウェブロードって、けっこうほっそーい大陸を通って、西の国にまでつながっているということのよう。」

まぁ、安全確認ができていても、異国との文化の違いから、それに総合的に入っていくまでの準備期間ってことだよね。
posted by ファンタジー✡とど at 06:36| 緑の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

6章 Part46 ~むしろ歌おぉー(≧▽≦)☆~

〝というわけで、西の国の人々にとって、虹のアーチが一番緑の大陸において近いスポット。 グリーンシティに入れば、マジカルスノーまでは、すぐそこだ――――!!〟

緑の縞猫「確かにね。シティからごま国までは、セットだろうね(笑)」

しろねこ「つい昨年まで、というか3年くらい前?までは、どうやっても簡単に行けないところだったからね。ごま大陸は。」

緑の縞猫「南のエリアは、緑の大陸を挟むことで、いわゆる緩衝地帯になっていて、西の国がマジカルスノーと交流する、今が最初の時代だよね。 ライティちゃんとざららんとか、そういった組み合わせが、この先駆けってわけなんだよね。」
posted by ファンタジー✡とど at 07:48| 緑の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

6章 Part47 ~ウエストドリーム~

しろねこ「まぁね。エリーとマインが会っていた誰かさんたちは、緑の大陸の住人だったわけだし、2年半前のあの集い、リバーラインレースの宴の頃のあの交流は、西・緑・雪、本当に3国だったんだよね。 橋がかかってから、西の色々と、雪国の魔法科学が、一緒になって、それがこの緑の大陸で花開いている。」


〝では、次の曲です。――・・♪~〟


緑の縞猫「例の石板のその後は、あれから触れられていないけど、西のエリアには、まだまだ知らないものが多いよなぁ。」
posted by ファンタジー✡とど at 06:33| 緑の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

6章 Part48 ~すごいですぅー(>ω<)☆彡~

わたげ「たいへんですぅーー(>_<) すごいですぅーーーー(>_<)(>_<)」

緑の縞猫「ほみゅ?(・∀・)」

しろねこ「ふみょ(・∀・)??」

わたげ「天空の木が、咲きました!!!!!」

―――――――

〝うまれたよ。しまねこ、しろねこ。わたしは、うまれたよ!!!!!〟


―――――――

ブタねこ博士「にしても、見事に成長しておるなぁ。」
posted by ファンタジー✡とど at 21:18| 緑の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

6章 Part49 ~加速していく〝きらきら〟 ☆(・∀・)♡♡~

ここは想いの丘。博士はシティに居るんだよね。 わたげは、ふわふわ空中を飛んできたんだよ♪


緑の縞猫「どどどど、どーなったって??」

わたげ「博士と一緒に、新しいアイテムとか仕入れようと街へ行ってたら、シティの円形広場に、誰の目にも見えるほどに、くっきりと、1メートルくらいの木が、とてもきれいに!!」

しろねこ「見に行こう!見に行こう!! おなかが減るから、シティまで電車に乗って、見に行こう♪~」

――――――――――――

ガタンゴトン―――・・・・ウゥゥゥゥゥゥゥーーーン―――
posted by ファンタジー✡とど at 12:07| 緑の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

6章 Part50 ~るっく あっと(・∀・)! ~

緑の縞猫「すごーい。木だ。ふしぎな木だぁぁぁぁ――――。」

しろねこ「みんなに、見えてるのね?」

ブタねこ博士「そうじゃ。見えておるんじゃよ。これまでは、わしら魔法や精力にゆかりのある者が、半非実在のような光として、芽として、見ておったわけじゃが、いまや・・・」

わたげ「誰にでも見える様なのですメェ。私達もいわばフツーの住人でしたから、環境草花との呼応もあって、今やだれもが、私達のように、世界樹さんと身近にお友達になれた、ということのようですメェ。」

―――――

ふしぎな木「はい。その通りでーーす(・∀・)」
posted by ファンタジー✡とど at 06:58| 緑の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする