2014年05月17日

1章 Part11 ~もりのみち!! へんターボミサイル迫る~

リスキー「さーーーーーーて! 序盤も程よく来たところ・・・ どうにかみんな、食いついている! ここでキター(≧▽≦) もりのみち!! ボクの故郷で、川も森の中を流れるよ~」

しろねこ「木をよけながら走らないといけないのね?」

わたげ「お先にメェ~」

リスキー「おーーーーっとー! 上空にわたげの姿―! ユッキーの魔法で、天候が変化した模様! 追い風となって、森の上空をォ!? 一気飛びだァーーーー!」

ユッキー「あれま(^^♪」

どんだけ魔力高いんだよ(笑)


へんねこ「きぃーー! こうなったら、最新兵器で応戦してやるへ――――ん。従来のへんターボにガスバーナーを取り付けた、ロケットエンジン… その名も」

〝へんターボミサイルぅ~! くわァ!!!!!〟

リスキー「おーーーっと危ない!! へんねこが後続集団に迫る―!! あと50m・・・ あぁ、あと30m・・・ あと5m・・・・・・!!!!」

どかーーーーーーーん。

緑の縞猫「って、曲がれないのか――――!」

しろねこ「(-_-)/~~~ピシー!ピシー!」

って、もう突っ込まなくていいよ(笑) こいつには。
posted by ファンタジー✡とど at 22:43| ♡の縞猫 1章「リバーラインレース編」 | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

1章 Part12 ~快進撃! 激情牛のゲッキーさん~

リスキー「激情牛のゲッキーさん! ここで、猪突猛進だ――――!」

バサッ! バサッ! ドカッ! ズワーーン・・・ もくもく・・・

わたげ「えーー! 木、倒してるよー?」

リスキー「自慢の角で、どんな強者もなぎ倒す!! こいつは危険!」

ゲッキー「あ・・・ あのぅ・・・・・・ すみません。目立っちゃいましたか?・・・ ぽつっ♡」

リスキー「って、性格すごっ|д゚)」

緑の縞猫「なるほど。あの牛さんは、鍛えれば 随一の 護衛軍になるだろうね。」

しろねこ「やさしそう♪」

リスキー「さーーーーて! ではでは、森を抜け、次は、草原だ――! 思う存分走ってくれたまぇ――――!」

↑噛んだ?

緑の縞猫「ミャェーってよむんじゃない?」
posted by ファンタジー✡とど at 21:01| ♡の縞猫 1章「リバーラインレース編」 | 更新情報をチェックする

2014年05月19日

1章 Part13 ~雪国ライダー! ざららん~

リスキー「ごま三さん、お昼寝中。存在をすっかり忘れてましたー♪」

しろねこ「優勝候補だったのに・・・。」

ぷかぷか。

リスキー「お? スノボーに乗っている、あれは誰だ―?」

*「ここは、雪じゃないけど、快適~♪」

ヒュー―!

リスキー「そうだぁーー! あざらし王国のざららんだぁーー!」

ざららん「雪国から来ましたー♪」

リスキー「雪崩にも乗る、雪国のライダー! 夢は スキーリゾートをつくること―!!」

緑の縞猫「現代的だね!」

しろねこ「負けられないわ!!」

何に?
posted by ファンタジー✡とど at 21:53| ♡の縞猫 1章「リバーラインレース編」 | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

1章 Part14 ~向日葵の雷 笑いカラスに炸裂!!!~

リスキー「回転回転回転回転回転!! スノボーと体をくるっとさせて、草原と風の波に乗る!」

緑の縞猫「乗れるの?」

しろねこ「っていうかさー。回転させながら、精力を巡らせてるんじゃないかなぁ?」

ざららん「ソノトウリーー♪ ビューー! 眺めはビューー!!」

しろねこ「ビューティフォー―!!」

ざららんは、上下に円盤のように回転運動するタイプの、スポーツ体術使いのようだ。あざらし族だから、魔法使えると思うんだけど・・・。

リスキー「ハイパーキラキラネームの メンズ・ライオン♡ ライティちゃん! ここで雷だ――!!」

じゅばーーん!

笑いカラス「じゅぼーーーーん( ;∀;)」

緑の縞猫「いてたの(笑)」
posted by ファンタジー✡とど at 22:19| ♡の縞猫 1章「リバーラインレース編」 | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

1章 Part15 ~魔法に対抗! ヒコーキ拳!!~

リスキー「魔法ブームの中、精力だけで突き進む、この〝ふ~ふ〟!!」

しろねこ「使えないんだって(^^♪」

緑の縞猫「でも、ちょこっとだけなら、精力で空飛べるんだよね♪」

リスキー「おお!? まもなく崖!! 川と遠回りするコースかぁ!?」

緑の縞猫「ヒコーキけーーーーん!!」

どびゅーーん。

リスキー「のーー? 夫婦して、空を飛びましたーー。」
posted by ファンタジー✡とど at 23:25| ♡の縞猫 1章「リバーラインレース編」 | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

1章 Part16 ~ブタねこ博士と アカねこ助教授~

しろねこ「崖というより、誰かがあけた穴だよね?」

緑の縞猫「分からないよ? 昔、ここは、地震の宝庫だったっていうから・・・」

しろねこ「誰に聞いたの?」

緑の縞猫「ブタねこ博士だよ。アカねこ助教授も言ってたよ。」

彼らは研究者らしい。

なんか、お偉そうだ。

しろねこ「水が溜まってないってことは、水脈とかに続いてるってこと??」

緑の縞猫「そのうち降りてみようよ」

しろねこ「垂直に飛べるよう技を強化しなきゃ・・・。」
posted by ファンタジー✡とど at 23:36| ♡の縞猫 1章「リバーラインレース編」 | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

1章 Part17 ~わたげが上空で見たものは!?~

リスキー「洒落で付けた難所だったのに、意外とやるぞ――!」

ごま三「zzz zzz はっ(・∀・)」

わたげ「起きてるね――。」

しゅたーーーーーーーーーー!!

向日葵「雷落としたいなぁ…」

ざららん「リバーを走ってみよう、ヒューー!」

リスキー「ざららん、波しぶきを立てて、走った――――!!」

ゲッキー「だれが勝つんでしょうね・・・」

へんねこ「わしじゃけぇ・・・」

出た(笑)
posted by ファンタジー✡とど at 22:56| ♡の縞猫 1章「リバーラインレース編」 | 更新情報をチェックする

2014年05月24日

1章 Part18 ~へんねこ 巨大化魔法 発動!?~

リスキー「しぶといぞーーーー!」

へんねこ「こうなったら、俺様の巨大化魔法を見せたるへん!!」

緑の縞猫「なに!? 魔法!」

へんねこ「へんオナラを体内に極限までためてぇ…」

しろねこ「・・・・・・|д゚)」

へんねこ「ためてーーためてーーーー!!」

緑の縞猫「そこまではりきらなくても・・・ 文字だけだからって(^^♪」
posted by ファンタジー✡とど at 21:32| ♡の縞猫 1章「リバーラインレース編」 | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

1章 Part19 ~絶妙! ユッキーとライティちゃん コラボ魔法~

ゲッキー「雷とか落としたら、引火爆発とかするんですかね?」

ユッキー・向日葵「よし(笑) きた!!」

ずおあーーーざっしゃーーん。ごろごろどぴゅーー。

へんねこ「おぼえてろへーーーーーーん」

BOOOOOOOOOOOOOO・・・ (クレーター)

リスキー「とんだ飛び入りでしたね。」
posted by ファンタジー✡とど at 21:59| ♡の縞猫 1章「リバーラインレース編」 | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

1章 Part20 ~楽しければいいのさ♪~

リスキー「さーーーーて。てきとーに解説してまいりました、このリスキー。いよいよ終盤だーーーー! 緑の大陸を盛り立てるため―! この世の王者を決める、大切な大会。」

緑の縞猫「そういえば、民主制になるっぽいから、へんねこが優勝しても、世界は征服できなかったと思うんだけどな」

しろねこ「最初から呼んでない(^^」

リスキー「待ったなし!! ついに、最後のコ――――――ス! 筆者の腕は気にしない♪ リスキーのノリも気にしない♪ 短編がよいか、長編にするか、わたげは風を掴むのがうまくなり、ライティちゃんは雷雲に乗り、ざららんは波に乗り、ゲッキーは精力を高め、ユッキーはいつもより多く跳ねております。とにかく、楽しければいいのさ♪」
posted by ファンタジー✡とど at 19:11| ♡の縞猫 1章「リバーラインレース編」 | 更新情報をチェックする