2021年01月07日

10章 Part13 ~おいしく❀かわって✧おりました(≧▽≦)💛~

ふしぎな木「でも、本当は、覚えていたり…するんでしょ(^^♪」

―――――――――――


緑の♡猫「鏡と白と、王子さま。 なーんか、一瞬で光って、シティラインが走って、ぽたぽたして、今が、いる(・∀・)」

しろねこ「いまに、いる(・∀・)」

――――――――――――――――

向日葵「そういえば、今日は、レースイベント!ガオね。 行かなきゃ!なんだな・・・。 さぁ。 食べ終わったら、駅に行くガオ!!」

――――――――――――――――

ガタゴトン・・・・・・・・・

――――――――――――――――

彼ら、ハートのねこ♡と、しろねこは、あまりに明白で 幸せな日々を 送っていました。

それは、まるで、自分たちが ずっと 光であったという 体現で、空のすべてが、時とは 関係がないところで とろけて、すべては、おいしい料理のように、その味は、明日への抱擁の中に、溶けあっていくのです。

緑の世界から、光だけが、まばゆくあふれた 昨日、世界は、変わってしまいました。
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 10章「ハートの明日✧☀✧編」 | 更新情報をチェックする