2020年07月03日

9章 Part54 ~ほわわー(*´▽`*)~

緑の♡猫「こまやかさが・・・マイナス(・∀・)???」

緑の開拓者マフィン「そうです。 厳密には、そうではないんだけども。 こちらの世界に来るときに、記憶をとどめておくようなエネルギーが吸われてしまう。 このラグで、エネルギーがマイナス化する、とも表現します。」

しろねこ「ほわわーーー(*´▽`*)」

緑の開拓者マフィン「この薬湯も、薬膳草も、もう貴重なんだけれども、向こうから声がしたからね。 君たち、大魔王の分身を、粉々にしたでしょ。 すごいな。」


マフィンは、この朱き地独特の風邪、それを自然治癒するための、お風呂と食事と寝床を用意してくれました。

ふしぎな木「だって、なんか、だんだん、おかしかったですもんね(・∀・)」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 9章「魔の世界✦編」 | 更新情報をチェックする