2020年01月13日

8章 Part130 ~流れるノリですよー♪~ ☆新たなる✧まほうみちへ!!☆

―――――――――――――――――――

――――――――――――

――――――


あれから、十数日か。


特に、目的も無いからな。

修行がてら、潜行してみたら…


頼れる聖騎士「なんか、最近、難易度上がってるね。 空鏡 顔負けの 迷宮だよ!」


///////////////////////////////////


この超巨大迷路、横穴や重力の影響を うまくかわすために、ピンポイントでの予約操作が 不可欠になる。

これ、僕が微弱に鍛えてきた 風の性質そっくりだけど、氷のようには うまく扱えないんだよなぁ。


☆「風を扱うには、己を心頭滅却して、流れるようにノリを きざむ必要があるんですよ~♪」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする