2020年01月02日

8章 Part119 ~とてつもない手掛かり~

ブタねこ博士「可能性にすぎぬのじゃが、魔王の像は、空鏡の攻略により、大魔王の魂の 邪霊な分身であったがゆえに、滅びることで、魔王の心身のバランスが崩れて、魔王の中の 非実在性のような 夢の異世界を食ったような側面が 解除論破され、魔王は今や、実在に帰結しつつある。 とすれば、確かに、どこか別の次元から、自分の邪な分霊を 吸い寄せることも、100%不可能とは 言えんじゃろう。 本当に、空鏡で たたこうた ドラゴン像は、脅威じゃった。 この大陸に現れたら、一瞬で焼き尽くされ、吹き飛ばされると、そんな夢に 一度ならず うなされたくらいじゃからな。」

頼れる聖騎士「なるほど、だとすれば これは大発見ですね。 魔王は弱っているし、魔の異世界に行く とてつもない手掛かりになる。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする