2019年11月24日

8章 Part80 ~知の木の匂い~

世界樹の入り口は、最初に この世界に来た時の細い道と 雲空の印象と 同じ。

外には、ツルを巻いたような、内には小さな螺旋階段と運搬用の滑車があって、ほとんどの人々は内側から行き来するようだ。

外の階段は古びており、転落の危険があるからと、僕らは内側から行くことにした。

ふしぎな植物のあかりが、内部を照らしてる。


緑の♡猫「なんだか、樹木の中の、巨大な図書館みたいな感じだよ。研究所兼学校みたいな感じかも。」

しろねこ「この螺旋階段は、150mくらい続いているらしいよ。 立派な標高じゃんω」


出口だ!!


ヒュォォォォーーーーー
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする