2019年10月05日

8章 Part30 ~やさしい人と守りたい~

しろねこ「あまり話すのは 気が進みませんが、魔王気質の者は、抵抗できない赤ん坊ならば、小さな子どもならば、或いは ガチガチに拘束した大人ならば、と思うことでしょう。 しかし、仮にそうでも、それを心や理性で仮定している限り、愛のある判断を、繋がりを前提としていて、結局は、相手がどれほど苦しむかを理解・仮定しているのが、本人なんです。 よって、本人は冷徹な大魔王を装った、痛みを自分に再構成する人間です。 赤ん坊の痛みも自分で構成して 自分で共感して解釈して 自分で苦しんでいるのです。 それで、赤ん坊の方が苦しんでいるから、これは 非倫理的なことが成功したと、証明したと思い込んで、世界の真実は暴力で荒廃で 不幸の連鎖は簡単に起こせて だれも止められない事実 だと思い込むのです。」

もちろん、誰にもひどいことをしてほしくないので、ある種の人に誤解のないように、神様の前でしか言いたくはありません。
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする