2019年09月04日

7章 Part415 ~つながる☀笑顔に☆彡~

緑の♡猫「なんだろう?――透明な鏡の先の透明な輝く雲の上に、透明な輝く鏡の扉があって、虹の橋が、そこに向かって かかっている。」

しろねこ「あるいは、虹のエレベーター。円形に、円柱状に、透き通って上昇してる。下はどこまで行っても、遥か透き通った明るい空。」


緑の♡猫「ここを通ったら、空の世界なんだね。」

しろねこ「ずっと、みんながいる。だから、ずっと私たちでいられる。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする