2019年09月03日

7章 Part414 ~明日へ✿~

緑の♡猫「この虹の通路を行くと、空だよね。」

しろねこ「ここも空だから、虹と一緒にいると、空の世界へ連れて行ってくれそうだね。」

緑の♡猫「微細さ。精妙さは、もう感じる必要がないくらい、感じていないよ。きっと、100%の世界から、虹の鏡が経ち現れているんだ。太陽からね。」

しろねこ「900階と1000階。到達までのこの900階エリアは、もう、ただ広ーい、空。――そこには、知恵もすべてが空。」

緑の♡猫「もうすぐ。きっとここは900階だけど、970階でもあって、998階でもあるんだ。」

――――――――――――
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする