2019年08月18日

7章 Part398 ~空間×心身×技法~

緑の♡猫(P2)「よし。スキを突かれる前に、今だ!!」


さっ!!!!!!!!


ふしぎな木(P2)「あ!精妙度の高い炎を手に宿して、ハートのねこ♡さんたちが、ドラゴンに近づいていく!!」


すーーーーーーーーーーーーーーーー


ちゃっかりキング「あれは・・・。エナジーを吸い取っておるのか…。」


♡のふたりねこ「僕らの火心一体は、相手のエナジーの精妙度が半分くらいなら、わけなく使えるんだ。――でも多分、この空間が精妙度40%くらいだから、相手の体力が2割を下回るほどは吸えないよ」

しろねこ「そうか・・・。私たちの吸収技には、精妙度に対応できないって欠点があったのか…。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする