2019年08月17日

7章 Part397 ~ぐぎゅーん ずどどど~

頼れる聖騎士「やっぱし、空のエネルギー形態かつココロ系の意志無しの影石像的存在の模型ドラゴンだから、無形の要領で、こっちの世界のルールに持ち込まない限り、どんどん回復する。」

しろねこ「あーもぅ。まるで霞を食っている仙人のような、模型だなぁ(。-`ω-)」

緑の♡猫「みんなぁ。精妙度半分くらいまで、また攻撃しよう!!――ちょっと考えた。」


よし!!!


ぱぱぱぱぱん

ぐぎゅーーーーーーーーーーーーーん

ずどどどどどどーーーーーーー


ふしぎな木「がんばれー(・∀・)」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする