2019年06月09日

7章 Part328 ~嗚呼!YOU✧レディ❀ほわほわ♡~

しろねこ「もうすこしよ。」


しろねこ(P2)「鏡の回廊に光る空が見える。雲の流れが…だんだんと速くなる。」

緑の♡猫(P2)「僕たちの見た夢の世界が、次第に形をとどめてゆく。」

しろねこ(P2)「遥か空の形であるにもかかわらず、同時によく知る花と緑と大地の香りがお昼寝から目覚める心身的な実感となって―――」


形作られていく


緑の♡猫「よし。このまま。ゆっくりと、お昼寝するように、ひとつになって、空へと羽ばたこう」


―――――――――――

――――――――

―――――

―――










慣れたよ!


すぅぅぅぅぅぅぅーーーーーーーーー


ずぎゅーーーーーーーーん
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする