2018年11月05日

7章 Part112 ~ぐーるぐる(@_@。~

しろねこ「Aから来て石像とBとCの分岐路があった場合で、BとCが繋がっていれば、Bから行ってもCから行っても結局元の地点に戻ってきて、AとBか、AとCを選ばされて、Aから元の三叉路に戻らなければ、永遠にぐるぐる(@_@。」

緑の♡猫「さらには、ABCDE・・・・・・・・・・・Yと来て、Zがそういった行き止まりだとすれば、さらに、今までのすべてが、そういった行きどまりをはらんでいるとすれば・・・」

しろねこ「もはや元の地点がどこかも分からず、戻ることもできず、・・・・・・・・・・・どうなるのよ!?」

ははははは(凍)
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする