2018年10月10日

7章 Part86 ~時のペースメーカー~

しろねこ「って書いたんだけどさ。地味に一月・・・3か月くらい経ってない?」

緑の♡猫「あああああ(; ・`д・´)もはや、時間分んねぇ―――――!!」

しろねこ「でもさ。潜在記憶にある音楽なら、全部、再生できるようになったよね。これ、正確には、記憶からではなくて、記憶を条件に、シティから音楽を呼んでいるんだと思うよ?」

緑の♡猫「そうそう!これ、伝説の召喚魔法のレベル1なんじゃないかな??」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする