2017年02月07日

5章 Part206 ~輝く大都市へ!?~

あれから、蓄電研究が急成長して、簡単なソーラー式の電池なら、日中太陽にあてるだけで、遅くまで駆動できるものが出たんだ。

くじMは、技術特別総合責任者として、幾度も講習に呼ばれ、資金が入っているんだけど、同時に、そういった、手伝ってくれている社員に謝礼を渡しているので、それで、蓄電池を買って、ムーディーな建造物を建てている人もいるわけだね。
posted by ファンタジー✡とど at 20:31| ♡の縞猫 5章「グリーンシティ編」 | 更新情報をチェックする