2014年05月11日

1章 Part5 ~一番は誰だ!? 強者集結(≧▽≦)~

いよいよレースが開催されます!!

ふわふわもこもこの、わたげ羊族さんとか、不定形生命体とか、いる模様。

あんまし、ややこしい設定にしてもあれなので、まぁ、20名くらいのにぎやかなレース。もち、観客も。

リスキー「さーーーーて! この森1番の長を決める、大大大イベントーーーー!! リバーラインレーース!!」

*「やるぞーー! 森の王様になれる・・・ きっと名誉なこっと~♪」

✡「へーんへんへんへんへん(笑) 愚民どもが騒いでいるへーん! やはり、俺様が登場せにゃ、盛り上がらんだろへーーん。」

なんか現れた(笑)

へんねこ「小説になったからって、このへんねこ様が、つつましく、おとなしく、差しさわりなどをもない生活を送ってるわけないへーーん! 読者に俺の存在を知らしめ、なおかつ、この小説の設定もぶち壊しまくってやるへへんへーーーーん♪」

若干、臭い空気が漂った。

とど「・・・・・・・・・・・」
posted by ファンタジー✡とど at 21:22| ♡の縞猫 1章「リバーラインレース編」 | 更新情報をチェックする