2020年11月01日

9章 Part175 ~私は〝怖い〟!!!~ ☆ヌースの確言www【リアルに命を持っている】☆

しろねこ「でも、この間の異世界は、消えなかったよね? ――― 一体どうなってるの??!」

ポセ「こやつの何か、それは、わしの知る海の異世界、精霊より、或いは きれいなものなのだ、しかし、それを 全て破滅させてしまうほど・・・危うい(/ω\)」


ヌース「神のような、そして、大魔王のような、王子だ。―― おそらく、何らかの意味で、リアルに 命を持っている。――― 最近の話ではない。――― そうだ。私は、かつて、十数年より もう少し前に、魔導ブリーズの戦争の時、大魔王を 亜空間にて 葬り去った。 その時、大魔王は、いわば、バグ、この世にも どの世にも、ありえない遂行矛盾となって 現れる、ファラシーの存在であることが、分かったのだ。 その時の、私の予知でも、あらゆる世界で、大魔王という存在は、嘘だった。――― しかし・・・ 世界が消えないことと、この王子が、私の予知で 全く かすりもしなかったことが… 私は、怖い!!!」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 9章「魔の世界✦編」 | 更新情報をチェックする

2020年11月02日

9章 Part176 ~光のロード!~ ☆強みと弱み☆

しろねこ「どうなるのーーー?? これ。」


エンライト「わたしは、私たちは、予知、未来の直観や予感を紡いで、ここまで来ました。 逆に、それこそが、最大の盲点、弱み、恐怖の源でもあったのです。 つまり、大魔王は、未来を悪用した、私たちは その悪用ごと 未来を取り返そうとした、しかし、大魔王は 実在していない。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 9章「魔の世界✦編」 | 更新情報をチェックする

2020年11月03日

9章 Part177 ~これでハッピーエンド?~


レア「こやつが、大魔王の元凶だな!! ―― 消してくれよう!!!!!」


緑の♡猫「レアちゃん、変わり身・・・はやっ!!Σ(゚Д゚) ――― 忍者並みω」


エンライト「待ってください。 今、この王子さまを 消してしまうと、何か、良くないことが 起きる気がします。―――ドラゴンが、人間を抹消して、それで 世界が平和に なりました。――― 私たちは 空へと還ったと いうことです。――― それで、ハッピーエンドなのですか?? ――― ほんとうに・・・それで、いいのですか??」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 9章「魔の世界✦編」 | 更新情報をチェックする

2020年11月04日

9章 Part178 ~純白に懸けて✧~

しろねこ「なんかさぁ・・・、焦ってるよね。 みんな。 多分 この 時空間、時間は 経っていないのだと思うけど、或いは、大魔王の 時空間の動きだけは 止まっているんだと 思うのよね。 ―― 個人的に… だけど、彼は、大魔王じゃ ないんじゃないかなぁ。」

ポセイ統領「絶対に・・・! ――― 関係は するよな(*_*;」


けんちゃん(マープィ大賢人)「ダイアナよ! ―― その通りだと思う。 この王子さまを、ほおっておくか、ほおっておけないか、その2択だ。―――2択・・・か。 空の無選択の意識と予知・・・。そして、2択…。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 9章「魔の世界✦編」 | 更新情報をチェックする

2020年11月05日

9章 Part179 ~すべてが水の泡!~ ☆僕らはここに☆

レア「まず、どうやって起こすのだ。 そもそも、こやつを 起こすことができるのであれば、マプトだって、ザザだって、下手打つと、大魔王ですら、可能だったのではないか?」

ポセ「そうだの。 しかし、もう、時間がない気がする。 この不安定な時空間は、おそらく・・・というより、間違いなく、この王子の 不安定な何か、こころか? ―― そこから 生じていたもの。 この千載一遇の 究極三叉路にて、今 決断しておかなければ、きっと、すべて 水の泡だぞ!」

緑の♡猫「全てを知る…。 レアとダイアに会わなければ、それが叶わなかった。そして、歴史を知った。 歴史では、争いの根源、マプトを倒した。 そして、今、すべてを知る 僕らが… ここにいる。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 9章「魔の世界✦編」 | 更新情報をチェックする

2020年11月06日

9章 Part180 ~有限な✦✧不確✧✧.✧~

レア「知れれば・・・だ。 ―― ここですべてが、滅びの故郷のようになって、我々も、或いは、すべてが、一瞬で 果てることも あり得る。」

しろねこ「ヌースは、どう? ―― そもそも、あなたの予知では、はっきりと 見えなかったのよね? ―― その直後だけは。―― そして、マプトたち、闇サイドが、この王子を見つけることは、決して できなかった。 それは、王子が 闇側に居て、しかも、悪側の影響を 一切 受け付けなかった 枠外の存在だったから。―― ということは、この間の異世界の 空間は、魔王の石像のように、この王子さまから、生じている。 だから、認識できなかった。」

エンライト「しかし、これは、空とも違います。 王子さまは、有限な存在として、今も ここに あるのです。」

ポセ「全く話が見えんな。 結局、諸悪の根源なのか、諸悪の根源の大魔王の 犠牲者なのか、いったいどうなのだ?」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 9章「魔の世界✦編」 | 更新情報をチェックする

2020年11月07日

9章 Part181 ~ごめんね..みんな,℄/♡~


緑の♡猫「こういう時・・・ 幾多の冒険で、よく あった気がする。 でも、今回は、滅びの故郷の 時とは違い、とてつもない偶然が 重なった中で、ここまで 自分たちの足で 来たんだよ。 この仲間だから、パーティーだからこそ、ここまで来れたんだ。だからこそ、今回の運命を 信じるべきだと思うんだ。 予知とかじゃなくて、自然に、すべてが 空なのなら、滅びるという 憂いこそが 大魔王。 ごめんね、みんな。――― ボク、起こすね。 しろねこが 手伝ってくれたら だけれど。」



レア「わかった。賛同しよう。」


皆が表情を緩めました。


しろねこ「いいよ!ダーリン!!」


―――――――――

その時、すべての運命が、表現の仕切れない彼方に、ふわ解け、ふっとびました・・・。
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 9章「魔の世界✦編」 | 更新情報をチェックする

2020年11月08日

9章 Part182 ~え(・Д・)?~


亜空間は、形をとどめようと、元に戻ります。


そして…大魔王アマプティニヌスが・・・!!!!!!!!!


//

///

/

―――――/――


〝待って!!〟


―――/――――
/
/
―――――――
/
―――――――

―/――――――

――――/―――





――――――――――――――
――――――――――――――

ωωω・・//


☆彡


☆彡


☆彡


☆彡


★彡 {Σ


王子さま「ああああああ、もぅ。 どーして分かってくれないの、大陸の人たちぃ。 ぼ・く・はーーーー、この展開だと、読者の皆さんを納得させることができないって思うんだよー。 あとねー。君たち、知ってるの?? ―― この ゼツボウ。――あああああ、未来なんて みんな消えてしまえばいいんだ。 僕に その力があれば、今すぐ すべての未来を 真っ白✧ちゃらっ☆彡 ― に してあげられるのにぃ――。」


☆彡


☆彡


王子さまの前で、再び、モノトーンな、暗めのお城の部屋の〝時間〟が戻ります。


☆彡

☆彡


一同「はぃーーーーーー٩( ''ω'' )و?? ――― ナーーにを言っているの―、こいつはァ(;´Д`)」


☆彡
☆彡
☆彡
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 9章「魔の世界✦編」 | 更新情報をチェックする

2020年11月09日

9章 Part183 ~ううん,´^やっぱり。°¥~

緑の♡猫「ねえ! 君、どうして、ここにいるの? ―― 魔王なの? ―― 今、時をどうしたの??」

王子さま「あのねぇ。 時なんて、戻したに 決まってるじゃん。 それより、無礼だなぁ――。 あーーーもう、神経に触るよ――。 僕は 眠って 色々と忘れていたのにー。 ああーーーーもー・・・。 魔王?? そうだよ、 ううん、 違うか。 やっぱり そうだね。」


一同「どっちだΣ(゚Д゚)」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 9章「魔の世界✦編」 | 更新情報をチェックする

2020年11月10日

9章 Part184 ~魔王なんて.℄.くだらないし(´✦⊂ヽ~

王子さま「だってさぁーー。 僕が ちょちょいのちょーい って やったら、魔王 消えるじゃん。 だから、 僕が魔王・・・ でも、僕が魔王じゃないし。 あーーもー、そもそも、人間の世界って、嫌いなんだよ、 悩み多いし、 今回だって、魔王なんて くだらないし。」


しろねこ「王子さま! ―― 大魔王を 倒したいんだけど、なんかいい方法 ないですかっ――(゚∀゚)――!」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 9章「魔の世界✦編」 | 更新情報をチェックする