2020年03月01日

8章 Part178 ~精なるコミューン~

くじM「最近 このストーリーも ごちゃごちゃして来とるけど、わいらの世界の諸法則は 意外とシンプルで、コミュニケーションは、時間を前後する場合があることと、言葉以外の夢を見るなどのシチュエーションで 双方向に成り立つことが よーさんあること、わいらはこういった手掛かりから根拠を見つけて つむいどんねん。わかったー(・∀・)?」

緑の♡猫「ドラゴンが夢のエルフと、あるいは、エルフも人間っていう分類だけど、人類がドラゴンと繋がっていて、みんなここに住んでいた、とか?」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする

2020年03月02日

8章 Part179 ~ドラゴン✿✿✿フレンド💛💝💛💝~ ☆未来!あの日の行方☆

しろねこ「戦争があったとするじゃない。ちょうど スノーが引き受けてくれた、緑の大陸込みの あの2度の。ああいうのが もっと大規模であって、ドラゴンが魔王と戦っていて、エルフの件のように ドラゴンと仲良くなっていたら…。 言葉を交わす、気持ちが通じれば、コミュニケーションはできるのよ。 だから、彼らを ここに連れてきたかも。」

緑の♡猫「単なる創作だとは思うけど、滅びの故郷が あらかじめわかってたら、ドラゴンは 僕たちを ここに連れてこれるかもしれないよね。魔王は、僕らを踏みつけた気でいるのかもしれないけれど、本当は、いくらでもあるんだよ。 ハンゲキの方法!!」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする

2020年03月03日

8章 Part180 ~暫定と新たな希望~

頼れる聖騎士「僕らの基本哲学では、ドラゴンは、天空の大樹が 咲き誇った後にしか 会えないということになります。 ただし、今の僕らがもし、大魔王が手を伸ばす厄災に気付ける 過去へ行けるなら、その世界では、厄災は止められる。 過去の方を 今の僕らとするなら、天空の大樹が咲き誇る前でも、絶対に 大樹のある未来から 誰も来ないとは限らない。 人任せになるとするなら、遂行矛盾に近づきますが。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする

2020年03月04日

8章 Part181 ~僕らの勇気!~

緑の♡猫「次第に、僕らの見てきた世界が、軽く緩やかになっていく。 一度 大樹を咲かせてしまえば、すべての世界で、魔王は仮の脅威だったと分かる。 僕らが生きる 執着さえクリアすれば、たとえ何をされても、負けてはいないんだ。 少なくとも、生きているときに、100%、すべてが叶っている。」

しろねこ「でも、人の痛みが分かるからこそ 想像してしまう。 だから強くなって、よりもっと強くなって、ただ一生懸命に生きる!!」

くじM「それが、希望にも モチベーションにも 直観にも 勇気にも なるんやねー。」


頼れる聖騎士「この冒険こそ、次の僕らの勇気だ!」


修道士エル「エルフの国では、これこそが、基本信仰なのです。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする

2020年03月05日

8章 Part182 ~やさしく紐解こう☀~

結局、古城の中を見ると、そこは2階建て、1階部分の広い間に 両サイド水が澄んで入っていて、エルりんに成分を分析してもらうと、純度の高い 化学式での水であることが分かったくらい。


2階は、少し崩れていて、ベッドなどがあったみたいだけど、よく分からなかった。


つまり、この世界は、かなり昔に、滅んだとは言わないけど、役割を終えてか失って、顧みられることが無くなった場所。

今や、ドラゴンは、天空を自在に行き来し、そここそが次世代の生まれし故郷。


でも、僕らが 魔の異世界の手掛かりを つかもうというのならば、正攻法で、当時のドラゴンの歴史を 紐解く必要がある。


そういうものなんだ。


今魔界に行ったとしても、何も分からず終わるだろう。
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする

2020年03月06日

8章 Part183 ~空鏡✧トレンディ・キャッスル✿♪(⋈◍>◡<◍)。✧♡イェイ!!~ ☆&名誉市長☆

魔王を打ち滅ぼすには、天の世界、大地の世界、魔の世界の順で、難しくなる。

実はそういことで、今がもっとも、大魔王にとって、驚異の日。

僕たちは、ドラゴンですら 無し得なかったかもしれない、答えにたどり着いている、そう思えてならない。


こうして僕らは、ひと月かふた月か、空鏡の岸壁世界を、この古城を改修して拠点にしながら、冒険した。


古城建築修繕士 くじM市長(笑) は、もはや 名誉会長で、古城をムーディーなお城にして、小さな まほうみちで 海のぎゅー とか 捕りながら、ステーキパーティーなんかを やってくれた。

この世界、あまりお腹は空かないけれど、地上の満腹コースは、直観をハイパーに加速させて 行動力もドーンと産んだ。
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする

2020年03月07日

8章 Part184 ~ポセちゃん(・∀・)~

実は、誰かさんは、エルりんカフェテラスの朝食の後、皆に忘れられてしまいました。

まほうみち扱いだったからか、そのキャパシティをオーバーしてしまったようです。

――――――

ポセイ統領「ああ、楽しみだったのに。 まぁ、わしがいると、エルフの世界樹と 空鏡の岸壁世界は、両方、深海の異世界となってしまうかもしれず、いつの間にか、意識されないように なってしまったようだ。 こういうこともあるのだな。 だが、まぁ、風人とハートねこ♡が開いた続きは、我が元に記録としてある。――さて、どうしたものか。退屈だし、友達ほしいから、空鏡の方へ行こうかな…。」

あれあれ? なーんか、ポセちゃん、来ちゃう???
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする

2020年03月08日

8章 Part185 ~ぶくぶく(・∀・)bbb~ ☆おひさー♪☆

ここは、二月ほど経った、空鏡の岸壁世界。


緑の♡猫「あーーーーーーーーー(。-∀-) 何もないなぁ。」


グゴゴゴゴ・・・・・・・・・


しろねこ「ちょっとぉぉぉぉーー( ;∀;) 空から津波が 来るんですけどぉぉぉぉ――――」


ざっばーーーーーーーーーーーーーーーーーん


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


その時、一瞬にして、空鏡は、海になりました。


・・・・・・・

ぶくぶく(・∀・)bbb
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする

2020年03月09日

8章 Part186 ~freedom ☆☆彡 ~

くじM「ああああ、ポセちゃーん。おひさー♪ ああ、そうや おったなぁ。 なんや、エルフの天空を まほうみちにして ハートねこ♡たちに会うっていう達成条件が、ポセちゃんのことを意識せず 暫く別行動になる、やったんやろうなぁ。 これ、まほうみち扱いにせん限り、ありえないような、わいも初体験の現象やったわー。こんなんあるんやなー。」

ポセイ統領「実は、わしも確信はないが、遠い昔、まほうみちの神と 契機✧約束!したこと、あったような無かったような…。いや、先祖かも…。 よって、ランプの魔人ではないが、まほうみちでは、少しだけ、マスター側に回ることがあるらしい。 いや、気のせいかも。 わしも自由人なんだよ?」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする

2020年03月10日

8章 Part187 ~キー✧ルーム❀~

緑の♡猫「ふーーん。そうかぁ、空鏡の印象が、雲の中に、さらに 海がある印象になったのね。 まぁ、光の加減が変わって、地上からの強い光が海を映し出し始めた 昼下がりの空鏡の岸壁世界、って感じなだけだね。」


ばしゅーーーーーーーーーーーん。


しろねこ「あ!統領も!みんなだ! いきなり、ああ、ここ忘れてた、たしか。召喚の間だっけ。 僕らが、ドラゴンの間をクリアした後、空へ行くのに大切だった場所だ。ちょっと違ってるけど。」

頼れる聖騎士「これより上部に、或いは下部に、とてつもない迷路が広がっていたんですね。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする