2019年06月01日

7章 Part320 ~もう一回〝行ける〟(^▽^)☆~

その夜遅くまで、ほのぼの熱い議論が繰り返されました。


ダンジョンは複雑で、この戦略ならばこうだろうとか、緻密に緻密に要約していく者たち

いや、こういったことは表面だから、もっと違った発想で行くべき、軽さを直視する者たち

実質的な生活と結びつける者たち、聞き耳を立てる地元の人々


どれも自由である。空でありながら空へと向かうそれであると

世界は語っておりました。


―――――――――――――

緑の♡猫「僕たちさ。もう一回行けるよ!」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2019年06月02日

7章 Part321 ~パッション道場〝おたのしみ合宿〟♪~

時は秋も深まり。


緑の♡猫「皆に体感してほしいことは、精妙性の体験と修行についてなんだ。」

ゲッキー「僕たち、しばらくは、スキーリゾートで自由な流れをくむスポーツ体術&おたのしみ合宿をしながら、空の意識の修行をします。」

しろねこ「パッション道場も大きくなってきたから、プロモーションも兼ねてここでやりまぁーっす。」

リスキー「僕もいるよォォォ―――。お米が美味しいんだよね――――。」


こうして、スノーの道場で、みなさん、集まって、日々修行をしました。


緑の♡猫「コツはさ。夢で見てる通りに、僕たちが体験した道を、その実感を、この世界の経験にとどめてほしいんだ。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

7章 Part322 ~準備万端♡~

見える。

それは、どこの世界にも、空の修行ができることを示しました。

集中力がどこから生じているのか、幸せとは何なのか、時間はどうすれば充実することになるのか

ありとあらゆる、日頃重要視しなかったような疑問と課題が、洞察を伴って、心身と生活へ浸透していきます。

そうして、彼らは元の生活へと戻っていきました。


――――――――――

緑の♡猫「もういつでも旅立てるよ。」

しろねこ「準備万端。」


そうして、彼らは、想いの丘にほど近い、おすすめスポットにお散歩します。
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

7章 Part323 ~ウキウキ✧ワクワク❉踊り出す(≧▽≦)☆☆彡~

緑の♡猫「ちょっとおねむだね。」

しろねこ「おねむだね―――。」


zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz


ーーーーーーーーーー


・・・・・・・


ブタねこ博士「お前たち―。どこにおると思うたら、寝とったんか。書置きだけ残しとったからわしも来たぞ。」


緑の♡猫「ほみゅ(・∀・)?」

しろねこ「はみゅ(・∀・)?」


パァァァァーーーーーーーーーーー・・・


ふしぎな♡ねこ「ゆるふわ~♡」

ふしぎな♡ねこ「ゆるほわ~♡」


//////////////////////////////////////////////////////////


このとき、ワクワクが動きました。そう。世界が、ウキウキと踊り出したのです!!


~かわいい♡ねこさんへ。きっと空はすぐそばに~
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

7章 Part324 ~こーちゃをどーぞ♡~

あさのおひるね♡から帰ってきたハートのねこ♡さんたち!

想いの丘のマイホームにて、午前のおやつの時間です。

――――――――

こーちゃをどーぞ♡



緑の♡猫「おいしー(・∀・)キラキラ」

しろねこ「おいしー(・∀・)キラキラ」

緑の♡猫(P2)「おいしー(・∀・)テカッ」

しろねこ(P2)「おいしー(・∀・)テカッ」



向日葵「なんか・・・ふえてるガオ(・∀・)」

ユッキー「ほんとだー(・∀・)」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

7章 Part325 ~今 知りたい!~

緑の♡猫(P2)「そうなんだ。」

しろねこ「だからね。それで、わたしたち、天空の大樹のまほうみちに挑戦している最中なの。」

――――――

僕たちは、いろいろ話したんだ。

でね。

―――――

緑の♡猫「僕たちが頼めるかわからないんだけどさ、一緒に来てくれないかな?」

しろねこ「最初はね。こんなことダメかなって思ったの。でも、今日、はっきりと思う。一緒に…来てほしい。」

緑の♡猫(P2)「うん。僕もそう思う。今まで見たことの無いような、すごーい天空の大樹オーラが、丘まで香っていて、あなたたちは僕たちの知っている僕たちじゃないくらいに、表現できない鏡のようなエネルギーを発している。もっと、知りたくなった。今、知りたい!!」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

7章 Part326 ~待たせたらゴメンね!~

しろねこ(P2)「私たちが帰り着くことが、シティの平和には直結しないと思うの。この天空の雰囲気を感じれば、そして、考えていっても、そうなるわ。」

緑の♡猫「そうなる、ね。やっぱり。僕たちが感じているのと同じ、あるいはそれ以上に、やっぱり、そう感じるよね。僕たちは挑戦者。でも、僕の僕だけが、挑戦者じゃなかったんだね。」

しろねこ「私たちの他にも、私たちの挑戦者が、いるんだね。前人未到でも、独りぼっちじゃないんだね。」


――――――――――

緑の♡猫「というわけでみんな!――今から行ってくるよ!」

緑の♡猫(P2)「僕の故郷のみんなには今言えないから、ここで言っておくね。みんな!必ず帰り着くから。待たせたらゴメンね!」


〝わーわー。ハートのねこ♡さん夫婦たち~。王様夫婦たち~。いってらっしゃーい。〟
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

7章 Part327 ~空=テイスト☀~

/////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////


緑の♡猫(P2)「ここが・・・。まるで、空の世界の中の、大きな大きな静寂なダイアモンドの鏡のような―――」

緑の♡猫「うん。でも、ここはまだ、僕らの経験が、夢の世界となって表れている世界空間。まだ僕たちは、空のまほうみちには入っていない。」


しろねこ(P2)「感じる。あなたたちが経験してきた世界。私たちが今経験している世界。そして、私たち皆が経験してきたこれまでの共通の記憶としての流れ。」

緑の♡猫(P2)「時間だけが、僕らの中でだけ昇華されていくような、そう、ライブラリーに接するような、歴史の話を聞くような――」


緑の♡猫「今から、ゆっくりと、空の瞑想状態を登っていくね。」


すぅぅぅぅぅぅぅーーーーーー
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

7章 Part328 ~嗚呼!YOU✧レディ❀ほわほわ♡~

しろねこ「もうすこしよ。」


しろねこ(P2)「鏡の回廊に光る空が見える。雲の流れが…だんだんと速くなる。」

緑の♡猫(P2)「僕たちの見た夢の世界が、次第に形をとどめてゆく。」

しろねこ(P2)「遥か空の形であるにもかかわらず、同時によく知る花と緑と大地の香りがお昼寝から目覚める心身的な実感となって―――」


形作られていく


緑の♡猫「よし。このまま。ゆっくりと、お昼寝するように、ひとつになって、空へと羽ばたこう」


―――――――――――

――――――――

―――――

―――










慣れたよ!


すぅぅぅぅぅぅぅーーーーーーーーー


ずぎゅーーーーーーーーん
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

7章 Part329 ~ハイパー〝アワー.。o○〟~

/////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////


緑の♡猫(P2)「まるで、僕らの中の世界だけ、短い時間で長い修行を経験したみたいだ。」

緑の♡猫「うん。僕たちが共通した夢の経験を持っていることと、すでに天空の樹(き)とずっと一種でこの修行体系を共有していること、そして、空のまほうみちの時間を手順を踏んで僕たちがすでに取り入れていること。」

しろねこ「それに召喚の技の能力が伴って、これらの条件から、客観的に別のこの4人の中で、同じ修行経験を速達共有できるんだね!」


しろねこ(P2)「信じられない話だけど、わたしたち、未来に来てまだ数時間しか経っていないのよね。」

緑の♡猫「この世界を経験すると、何万年も、旅をしてきたような実感になるんだ。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする