2018年09月01日

7章 Part47 ~そして朝が来る~

チチチチチ・・・・・・・・・・・☆―――ホケキョ♡

朝です。


緑の♡猫「よし!書置きもしたし。なんか このままじゃって思うから、ブラって行くよ。みんな、こうなることを望んでいてくれた気がする。」

ぼく・・・行くよ!!

しろねこ「うん。」

――――――――――――――――
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

7章 Part48 ~もちろん!!~

ラッシー「お待たせです。あの後、ざららんから聞いて、シティライン1号を使って、終電からクロスグリーンエリアで1泊して 来ました♪ ねぇ?私も行っていいかしら?」

しろねこ「おおお!もちろん!!」


〝まもなく グリーンシティライン1号 緑のシティ行きが発車します―――〟
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

7章 Part49 ~輝く湖と~

現在7時過ぎです。キラキラ湖のほとりに、ハートのねこ♡さんたちはいます。


緑の♡猫「中心部まで、リスキーのミニ定期便が出ているんだって。 無料だし、乗って行こうよ!」


ラッシー「このお船は木でできています。湖専用ですけど、結構人気なんですよ!」

しろねこ「わかるわかる!」

シティレイクのスタッフさん「ちょっとした 前日夜の もりのみちエリアからの 新鮮で持つおいしいクルミパンです。魔法の力もこもっているんですよ! リスキー船長の今朝の差し入れです。たくさんありますので ぜひ、食べていってください!」


そうして、3人は、おいしくいただきました。

何かがみなぎって。
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

7章 Part50 ~なにやら~

湖中央部のミニアイランドです。


ラッシー「なにやら震えます。わかります。私ね―――」


―――― *〝お前は、まだ入れない。邪魔するのか?―――ここは神聖な場所。選ばれしもののみが入れる場所。ほら見よ。意識を保てまい。そうだ。全員戻るのだ。そしてまた1か月後にやり直すがいい。ここは大量の精神エネルギーを要する。入るだけでな。なんせ―――――――〟

――――――――――――・・・・・・・・・・・・・・・


2人「ラッシー?」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

7章 Part51 ~雲も驚く大冒険~

ラッシー「未来のような…そんな情景が見えました。なにやら 私にはほかにやるべきことがあるようです。 今、お二人が入っていくところが、よくわかりました。 きっと、まだ、これまで成されたことのないような、魂がキューってなる 雲も驚く大冒険が、待っているのかもしれません。―――すみません。いいえ、ありがとう。私は真剣に、あなたたちの帰りを待ちますね?」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2018年09月06日

7章 Part52 ~スタート☆プロローグ~

2人「うん・・・。」


そう。なにやら2人は、複雑な気持ちになっていました。

壮大でも鮮明ではない、今まで感じたことのない〝スタート〟に、彼らが選んだ道は、シティと別れて、みんなと手を添えることでした。


きっと、約束だから―――


~天空の大樹に上る朝 2人のプロローグストーリー~
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

7章 Part53 ~目覚めると~

パァァァァァァァァーーーーーーーー・・・


新鮮なまほうの光が、今までにないほど鮮明な気付きとなって、二人にもたらされていきます。

彼らの中で、何かが目覚めました。


/////////////////////////////////////////////////
―/////////////////////////////////////////////////
――//////////////////////////////////////////////////
―――//////////////////////////////////////////////////
―――――――――――――――――
―――//////////////////////////////////////////////////
――//////////////////////////////////////////////////
―//////////////////////////////////////////////////
//////////////////////////////////////////////////

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


緑の♡猫「ここは・・・どこだろう? そう。静かで静寂で荘厳で、遥かなる場所で、今まで感じたことのない魂の高鳴りと圧迫感、自分が生命で意識であることを忘れ、何か全くこの世界が違うような、なんか全く違ったものを見ていたような、そう、もう全部違う…。そんな強烈な実感だ。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

7章 Part54 ~驚くほど静か~

しろねこ「それは、よいもの? あるいはそうではない圧力? わたしは、確かにここにいる。――意識が追いつかない。一体、ここは、意識って何?―――そう。」


かすかな空気の匂い、空と風の匂い、少しかわいた、淡く明るい昼の日ざし。

そうそれが、とても静かで、こころが驚くほど静かで逆にその音が聞こえるほどで
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

7章 Part55 ~空色の天空~

どこまでも上も下も空色の天空。


雲に覆われながら、水空にとろけて、私たちの足元には、まるで こころをうつすかのような、存在を無限に反映するかのような、反射・・・


鏡――鏡――鏡―鏡―鏡・鏡・鏡鏡鏡――


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・―――――――――
/////////////////////////・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
////////////////////////////////////・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・ω・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そう。どこまでも、永遠に続く、鏡の空間がそこにあった。
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

7章 Part56 ~鏡の回廊~

緑の♡猫「鏡・・・だ。これを見ているだけで、自分を見失いそうだ。」


しろねこ「でもきれい・・・。なんだか、命ある者の、永遠のあこがれが今ここにあるような…。」

緑の♡猫「どこまで行っても淡い雲と空色の空、透けて見える景色と、見渡す限りの鏡の回廊。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする