2018年05月01日

6章 Part278 ~とても〝立派な〟~

ふしぎな木「こうして、午後も落ち着いたころ、ハートのねこ♡たちは、世界の樹(き)に会いに、シティへと赴きました!」


――――――――――

しろねこ「変わらぬ電車。 ってちょっとだけ変わってたんだけど(笑) ――変わらぬ大地。」

緑の♡猫「変わらぬ幸せ。」

とても、立派な木。
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

6章 Part279 ~わたしも!~

緑の♡猫「夢でさ。見たんだ。世界樹が花開きそうな場所。 で、シティの円形広場はね、ベンチとか公園とか、色々と、そしてシンプルに工夫した、メインストリートの中央部も兼ねるイメージでつくってもらったんだ。 大きくなっても、小さくても、すてきな天空の木でいられますようにって。」


緑の♡猫(F2)「僕たちってさ、ふしぎな木だよね。なんだか、そう思う(・∀・)」


しろねこ「わたしもーー(・∀・)」

しろねこ(F2)「わたしもーー(・∀・)」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年05月03日

6章 Part280 ~悠然! 雄大!!~ ☆みんな見て見て!きれいやで~(≧▽≦)ωωω☆

―――――――


緑の♡猫「って、しろねこ! 忍者!????(*'▽')」


しろねこ「って、そのネタいいから('Д')」


・・・・・・・・・・・


しろねこーーーー!!!



世界の樹(き)。天空の木とも呼ばれる、そのすてきな木は、今や大きく、とてもたくましく、誰の実感にも しんぴと描かれる、とてもきらびやかな大木でした。
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

6章 Part281 ~天空の大木~ 【 心で観よ~(・∀・)ωω♪ 】

しろねこ「うわぁーー、天空の大木だね――。」

しろねこ(F2)「うわぁーー。天空の大木だね――。」


緑の♡猫「って、あっちはツッコまなくていいの(・ω・)?」

緑の♡猫(F2)「いいんじゃない? 結局、シティまで買い物頼んじゃって、気を利かせてそのままシティに舞い戻ってもらっちゃったから。」


――――――

しろねこ(F2)「いいのよー。わたしはね。もうこの世界樹が大好きなの。 たとえ、すべてがすべてを意味しているとしても、私はね。この世界樹が、一番身近。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

6章 Part282 ~例えばさ♡ 君がね!~ ☆ちかくに はるかに☆

緑の♡猫(F2)「天空の木の姿は、気にしなくてもいいんだよ。本当はね。 育っていなくても、育っていても。でね。育てたいと思ったら、育つ。きっとね。 僕らは、お出かけして、ショッピングして、時に遠くまで足を延ばして、でもさ、ちゃんと家に帰るんだよ。 もし世界樹が家だとしたら、あまり遠くに行きすぎるのは、安心できない。遠くには行きたくなるけれど、帰るとホッとする。 僕たちは、遠くに行かなくていい。身近にこそ、遠くに行く全てがある。でも時には―――本当に遠くに行く機会があるのならば、行ってもいい。 これは例えだけれど、遠くに行けるからって、行かなくてもいいんだ。むしろ、特殊な出来事が起こったときだけ、遠くに行かなければならないのかもしれない。」

緑の♡猫「うん。 でもぼく、もう少し遠くに行けるかな?」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

6章 Part283 ~気遣い いいね!~

夜も更け、晩御飯の丘♪~


ブタねこ博士(F2)「でな! やはりというべきか。世界の樹(き)のエネルギーは、こちらに居られる時間と関係あるようじゃな。あくまで関係ある、じゃが。での、長くなるとは限らんぞ。何せ、あっちにも木があるのじゃからな。 いろいろ行きたいところはあるのかもしれんが、ひとまずゆっくりと休めぃ! こっちのハートのねこ♡達を見ておって思うたのじゃが、微細なエナジーは、おもうたより心身をへたらせる。けっこう重労働なのじゃよ。ぐっすりとリラックスして眠らにゃ、回復するものもせん! じゃぁの!」


丘のお家へ様子を見に来た博士。 さりげに気遣い

いいね!!


――――――――

ふしぎな木「室内は、とってもいい感じです!そして。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

6章 Part284 ~ノリでカッケー!~ ☆木の成長軌道☆

緑の♡猫(F2)「未来で見た木はね。大きかったよ。でね。さっき見に行った、そこの木は、もっと大きいんだよ。」

緑の♡猫「へぇーー。じゃあさ。生まれる前の木、誕生した木、成長した木、もっと成長した木、があるんだぁ(・∀・)」

ざららん(F2)「フーーーーッ(≧▽≦) そーだよーー。リスキーとダンス フーーーー♪~ この前のスキーリゾートは、リスとファイヤーダンススキーでフゥゥゥゥーーーー!!!!!」

緑の♡猫(F2)「ノリノリで駆けつけてきたよね。ああ、でもゲッキーとかみんなそれなりに忙しいからねー。色々用事頼んじゃっててさ。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

6章 Part285 ~どーなって〝こー〟~

ユッキー(F2)「私はさ、丘のスイーツショップにいるけれど、ライティちゃんとか、丘を離れることが多くなっちゃう仲間も多くなってきた気がする~」

しろねこ「うんうん。 そういえば、へんねこって、どーなってこーなったの?」

緑の♡猫(F2)「しんぴの水は、マジカルスノーの、たぶん海底にあたる、魔法道にあるんだけどさ、それの後、賢者の石関連につながる発見その他でさ、奔走しているときにね。タイミングが悪かったのか、ドタバタを突かれて奇襲されたっぽい(・∀・)」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

6章 Part286 ~頼りになる♡~

緑の♡猫「遺跡は?」

しろねこ(F2)「あー。石板ね。あれ、意味分からなかったのよ。で、深入りすると坩堝にハマるじゃろー<(`^´)>って博士が言うし、私もそう思うから、やめた(・∀・)」


緑の♡猫(F2)「しろねこの勘は頼りになるんだよね。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

6章 Part287 ~お肌に フ~(≧▽≦) ~ ☆ライトメンタルで☆

しろねこ(F2)「でさ。適当に研究者に任せてはいるんだけど、今となっては、何も起こらないのね。 世界樹さんが、成長したからなのか――。ラッシーと測量してさ、やっぱり何もないってことになって、西の国の遺跡だし、壊すのもダメだろうから、そのままあるよ(・∀・)」

しろねこ「やっぱり、関係、無い?」

ざららん(F2)「そのキモチ、分かるフ~(≧▽≦) でも心配はお肌にドッくぅ~」

しろねこ「そだよねー(・∀・)」


緑の♡猫「まーさぁ。読者の皆さんは、神殿はいわばあれで、神ならぬ方のやつで、それが原因で――――Σ(゚Д゚) って、想像してくれていたと思うんだけどね(・∀・)」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする