2018年04月11日

6章 Part258 ~リスキーちゃん♡ すごーい(・∀・)~

ブタねこ博士(F2‐2)「それでの。結局、読み通り、世界樹は、本来あの姿でカンペキなんじゃ! での。少し調べておると、世界樹には、いくつかの微細なエネルギーの層があるみたいでの、それを測るバロメータとして、しんぴの水がの、マジカルスノーの魔法道にあることが分かっての、これのう。ハートのねこ♡としろねこの夢から始まり、リスキーにまたエネルギー突っ込んでの(笑)――まぁ本人志願なんじゃが―――での、手に入れたんじゃ。しんぴの水をの!」


博士の話は続きます。 ここまでも、ちゃんと順当に、いろいろ話していったんだよ!
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

6章 Part259 ~暖かいハートで~

ブタねこ博士(F2‐2)「での!皆で世界樹について調べた時、分かったことは、やはり、希望を持つことなんじゃ。 まぁの。赤ん坊をあやすみたいに、CDを木に聴かせたり、幸せについて木と語るような感じで哲学してみたり、色々ユニークなこともやったんじゃが、滅びた原因は謎じゃ。 まぁ、しんぴの水にたどり着く頃にはすでに1年以上過ぎとっての。 皆が夢で、世界樹は元気だって、確信するような日々が続き、未来の日記とも違い、グリーンシップも健在じゃったし、聴いた感じ、滅びを心配しそうに見えるかもしれんが、全く大丈夫じゃった。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

6章 Part260 ~おいしくなぁれ♡ (・∀・){mm?(笑)}~

緑の♡猫(F2‐2)「むしろ、今から。世界樹はね。この、しんぴの水をふりかけて、より微細なエネルギーが見えるだけでなく、実際に、さらに自力で成長する潜在能力に、木自らが気付くような効果もあったんだ。 そして、これ、もしかしたらね、さらに前に、ちょうど今から2年前くらいから、ふりかけてあげると、もっと違う成長をするんじゃないか?っていう説まで浮上したんだよ。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

6章 Part261 ~キラキラ ワクワク ドッキドキ♡(≧▽≦)☆彡~ ☆おっ('ω') ストーリー4 終結へ!☆

緑の♡猫(F2‐2)「分かったことはね。 ひとつ、2年前の世界樹のフォルムでも、世界はまず滅びない。ふたつ、しんぴの水は、夢の世界のエネルギーを色々と語っていて、世界樹の状態をよりはっきりと見ることができる、さらに未知の成長の効果もある、補助効果がメインだから、負担とかはかからない!」


ブタねこ博士(F2‐2)「での! おぬしたちにも、その場所を教えておこうと思うての。なに、シティラインで行けるぞい!」


緑の♡猫(F2)「博士!お願いします!」

しろねこ(F2)「いろいろと教えてくれて、ありがとう!」

―――――――――
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

6章 Part262 ~沢山つながる〝2日間〟~

緑の♡猫(F2)「こうして僕らは、貴重な情報を聞くことができました。」


えーとね。その後、1時間・・・どころか、2日間、僕らは未来に滞在することができたんだよ。


やっぱりさ、世界樹が存在することと、その成長こそが、カギなんだね!


もし、過去から、新たなる訪問者がやって来るとしたら

きっと彼らは、数日くらい、滞在できるんじゃないかな?


―――――――
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

6章 Part263 ~そう。見ていて!~ ☆びっくりの真実と共に エピソード4 FINE☆

僕には少し信じられないけれど、きっと、本当の出来事なのだろう。

それを確信できる2年後までの時間、大切にして

僕は、出来ることをやるよ!

見ていてね! みんな!!!


―――――――

ふしぎな木「というわけで、この 未来のハートのねこ♡ のストーリーは、これでエンディングです! さて。では、いよいよ、エピソード3の続きとなるお話へと、歩みを進めていきましょう(≧▽≦)☆彡」


エピソード4「未来のハートねこ♡のタイムトラベル ―逸れた世界と繋ぐ世界」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

6章 Part264 ~おはなしもホッと☀~ プロローグ ON「エピソード5」!!【FOR BLOOM】

〝緑のRadio~♪ 今日の午後は、やっぱり良いお天気~♪ キラっキラな日差しに囲まれて、みんなー、外に出てみないかーーい。夜には、きれいなおほしさまがたーくさん見えるヨー! では、本日のリクエスト―――〟

♪~

緑の♡猫(F2)「というわけなんだよ。僕も聞いた話なんだけどね。やっぱりさ、僕が実感したわけじゃないんだ。でさ。しんぴの水を 2年前に取りに行って、すぐにかけたらね、天空樹は、今までにない、新しい姿へと、さらに成長したんだ。この2年でさ。 特に最初の1年で、とっても大きくてよりしんぴなエネルギーをも発するようになったんだ。」

――――――

ふしぎな木「ハートのねこ♡たちは、お話がひと段落しましたので、おいしいお菓子とコーヒーをいただきながら、Radioを聴いています(・∀・) そして、ソングが終わって、また静かなお部屋で、お話再会です!」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

6章 Part265 ~繋がるエンディング♪~

緑の♡猫「ここから未来の、さらに未来の世界…。僕のよく知っている…そんな世界から大きく離れていない、そんな世界でそういうことが…起きることがあるなんて。」

しろねこ「考えもしなかったね。私たちは、ちゃんと、見た。緑の大陸が、奇跡に包まれて、まるでゴールに到達するかのように、安心できる、エンディングを見たわ。」

緑の♡猫(F2)「うん。僕もそうだよ。まったく同じ。そしてそれこそが、今回の世界を繋ぐお話の、カギとなる場面なんだ。――10年ちょっと前の世界。僕たちは橋を架けた。10年ちょっと先の世界。僕たちが橋を架けてくれた。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

6章 Part266 ~緩やかな繋がりと 特殊なリンク~

緑の♡猫(F2)「互いの3つの世界は、緩やかにリンクしていて、それぞれの歴史は、たぶん、夢の世界とか、そんな身近な日常を通じて、一緒に交流しているような、ある意味、隣町のような世界だと思う。――でもね、今回の方の出来事は、とても直接的な、特殊なリンクなんだ。 おそらくだけど、ほぼ、あるいは完全に同一の歴史的ポイントを持つという意味での世界同士が関係しているところ。過去のA点と、その、ほぼA点を経験した未来の世界B、この2つが相互に干渉しあって、おそらく初めて、互いの世界が出会った。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

6章 Part267 ~僕らの出逢い~

緑の♡猫「よーく知っている世界同士だからこそ。」

しろねこ「はじめて・・・出会った(・∀・)」


緑の♡猫(F2)「僕もさ。君たちがここに来ないんじゃないかって、いつも考えてたよ。迎えに行くのが遅くなったのって、実はそういう理由が大きいかも。 普通は、未来の世界って、こういう場合、変わるでしょ? ただの石ころがこちらに来るのとは違ってさ。心を持った、存在が来ているのだからね。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする