2017年05月01日

5章 Part289 ~とーめいじゅんしんなへん作戦~

へんねこ「あああああああああああ、しまったへーーーーん。」

一同「おおおおおおおおーーーいっっ・・・っつつつ????ん・・・んんンン??」

へんねこ「と見せかけて、きんしかんへんガスだへーーん。とーめいじゅんしんなへん作戦だへー―ん。天才へ――ん。」
posted by ファンタジー✡とど at 21:59| 緑の縞猫 5章「グリーンシティ編」 | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

5章 Part290 ~みんな期待の〝電車ですっ〟~

「うごけない・・・。電車見たかったのに・・・(´゚д゚`) こんなところで果てるのは、やだよぉ( ;∀;)」

しろねこ「こらーーーー( ;∀;) わたしの しまねこダーリンを、へんなガスで、フヌケニスルナーーーー(@д@。」

ゲッキー「ソーラーパネル付です。ディーゼル型の・・・電車ですっ!!!!!」

ふしぎな木「読者さんたちの世界でたとえると、です。」
posted by ファンタジー✡とど at 20:51| 緑の縞猫 5章「グリーンシティ編」 | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

5章 Part291 ~じわじわ行くへ――ん~

改造へんねこ号「がしぃぃぃぃん。宇ぃぃぃん。ヘンマスター。デハジバクヲ」

へんねこ「待て待てへー―ん。ここは、じわじわ行くへ――ん。考えてもみろへーん。あのレースでコテンパンにやられてから、友達ばっかできる 緑の縞猫に、へどが出そうだったへー―ん。なぜに、俺様ではないのだへ――ん。俺様は一人がイイへ――ん。」
posted by ファンタジー✡とど at 17:57| 緑の縞猫 5章「グリーンシティ編」 | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

5章 Part292 ~僕もそうさ~

へんねこ「どいつもこいつも、レースで俺様に負け、ジュースをいつもよこし、黙って研究に必要な部品や部屋を用意し、すべて俺様の思い通りになることに幸せを感じる、これだけが、この世界の唯一の真理へ――ん。だから、おまえがむかつくへーーん。」


緑の縞猫「最近…。お前、病んでるな。一人が好き・・・。か。僕もそうさ。でも、誰かがそばにいてくれる、一人になればなるほど、心の中に感じれる。ふしぎなことが起こっていく。くじMも変われたんだから、君も大丈夫さ…。おいで。」
posted by ファンタジー✡とど at 18:53| 緑の縞猫 5章「グリーンシティ編」 | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

5章 Part293 ~知ってるへーん~

へんねこ「ぶっしゃーーーーーーーーん(@_@。もうキレたへー―ん。俺様は知っているのだへ―ん。この世のどこかに、暗くどすーいへん世界があるへーん。そこでは、ドレイとして、者どもをこき使うような夢を見ているだいまおーがいて、気持ちよさそ―にしているのだへ――ん。俺様はそれを見て、虫唾が走ったんだへ――ん。なぜかってーーーー。俺様のために尽くさなければ、皆幸せになれないからだっへぇぇぇ――――――――んん!!!!!!!!」
posted by ファンタジー✡とど at 19:43| 緑の縞猫 5章「グリーンシティ編」 | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

5章 Part294 ~ごまかしてる~

緑の縞猫「いつになく気合いが入ってる…。感動したよ。でもな・・・。皆、お前が思っている程、狭くないんだよ。へんなことをして楽しいのは分かるけど、それって、自分をおもちゃにして、くるしみや痛みを、おちゃらけという手で、逃げてごまかしているだけなんだ。それを悪いとは言わないけど、そうやっていくことで、お前は、人のことを考えられない者になってしまった…。」
posted by ファンタジー✡とど at 21:35| 緑の縞猫 5章「グリーンシティ編」 | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

5章 Part295 ~さべつしないへーん~

へんねこ「うるさいへ――――ん。だいまおーってやつは、者どもをしいたげて、へんかいらくをえるんだへーーん。俺様は、おならをするとき以外、そんなきもちにはならないへーーん。みなどいつもこいつも、だまって、へんねこ様の力になれることに、力強い充実のへん喜びを感じてほしくて、へんつうかもつくったへーーん。おれさまは、だれもさべつしないへーーん。」
posted by ファンタジー✡とど at 23:37| 緑の縞猫 5章「グリーンシティ編」 | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

5章 Part296 ~〝まだ〟なんだ~

へんねこ「みんな俺様のために、勇者になることができるへー―――ん。あのくそまおーに打ち勝つ心のへん強き者どもが、俺様のへんストロングなへん世界に力強く協力してくれればいいだけだへへんへ―――ん。」

緑の縞猫「悪かった…。へんねこ。僕が大魔王をまだ倒せていないばっかりに。きっと・・・。まだ、戦いは終わっていないんだよね。」
posted by ファンタジー✡とど at 20:06| 緑の縞猫 5章「グリーンシティ編」 | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

5章 Part297 ~がくがくすくっ~

ゲッキー「緑の縞猫さん。どうかこのへんで。読者さんたちが楽しみにして下さっている3日後。明るく楽しくお話が進んでいたのに、護衛長として、なんとお詫びを申し上げたらよいのでしょうか。よし。僕がやらなきゃ。僕が活躍しなきゃ・・・」

がくがく(愕)・・・すくっ(立)

ゲッキー「いけないんですぅーーーーーーー(>▽<)」


ぼぅっ・・・(炎)。

緑の縞猫「あれ? 何かが落ちて乗ってきた(・∀・)」

posted by ファンタジー✡とど at 21:03| 緑の縞猫 5章「グリーンシティ編」 | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

5章 Part298 ~春にフォール~

ふしぎな木「ちょっと日が沈んできて、もうすぐ夕方なんですね~。今、3時50分くらい。」


しろねこ「それにしても、ゲッキー、すごい精力じゃん。」

落ちてきたしまりす「やっほ~(≧▽≦) ゲッキー、さあ いこーー(≧▽≦)♪」

posted by ファンタジー✡とど at 21:19| 緑の縞猫 5章「グリーンシティ編」 | 更新情報をチェックする