2017年04月01日

5章 Part259 ~宇ぃン宇ぃン~

へんねこ「この宇ぃン宇ぃン言っとるやつは、(って、ただの誤変換なんやけどな) 打ちゅーーの、わい色のギャラクシー―。へんねこたぁぁぁ――ボ、間違えたへん、改造へんねこ号、カッコ名無し、へ~ん。こいつは、この世界を征服する、ストロングな改造俺様へ――ん。」
posted by ファンタジー✡とど at 21:48| 緑の縞猫 5章「グリーンシティ編」 | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

5章 Part260 ~ズレた〝てんさい〟~

ゲッキー「ぶつかってみたところ、オール機械仕掛けの、しかし、ちゃんと動いてるんです。」

しろねこ「ありえない・・・。天才なんじゃないの? マジカルスノーにはきっとロボットがいるだろうって思ったけど、結局、記憶上、いたことないもの。」
posted by ファンタジー✡とど at 21:58| 緑の縞猫 5章「グリーンシティ編」 | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

5章 Part261 ~むしろ怪獣?!~

緑の縞猫「こういう雪の世界観では、肌寒く、人里離れた雪山に、主人を待ちわびてる恒例のロボットがいるのが、定番だけど、しろねこの本屋さんで、チェックがてら読んでたことを除いても、ちょっと、外れた世界だ。きれいな緑のシティに向かって、進行中とは。」
posted by ファンタジー✡とど at 23:41| 緑の縞猫 5章「グリーンシティ編」 | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

5章 Part262 ~気合い入れたるへぇーん((×z×))~

へんねこ「へん隊ガッタイ!!へへんへーーーんどっきんぐーーーー!!!!!」

ざららん「ユッキーちゃんと、クッキングゥゥゥゥ――――(≧▽≦)」

へんねこ「へ?」


しろねこ「って、びっくりしたぁぁぁぁーーーー。ホログラムか。しまねこダーリンにマーキング??」
posted by ファンタジー✡とど at 21:15| 緑の縞猫 5章「グリーンシティ編」 | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

5章 Part263 ~立体映像さんと ぶっとびロボ~

ざららんホログラム「へんねこのこれは、ホログラムの技法を応用しているフゥゥゥ――――(≧▽≦)」

緑の縞猫(本当に、テンション高いな(^^)

ざららんホログラム「私の義体も、電磁波とかいう、ミクロ的なエネルギーでやり取りしている節があるうぅぅぅぅ――――。なぜか、これに電気信号的な要素を加えると、自分そっくりなコピーができて、自立して動くフゥゥゥゥーーーー。」
posted by ファンタジー✡とど at 22:51| 緑の縞猫 5章「グリーンシティ編」 | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

5章 Part264 ~入っちゃったの?~

しろねこ「あ、そういえば。人里離れた…雪山、じゃないけど、魔の工学生命体。あれが・・・」

へんねこ「ゴメイトウ。俺様、穴掘り名人へ―ん。へんな道を見つけて、手に入れたものが、この、魔の工学技法の書、へへんへ――――ん。」
posted by ファンタジー✡とど at 22:57| 緑の縞猫 5章「グリーンシティ編」 | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

5章 Part265 ~しろ…なのに(-_-)~

緑の縞猫「ほん〝ぺん〟に 飾りたくない、展開だっ。お前は、また・・・。厄介なところに。」

へんねこ「白いスタチュー―に、へん・ちゅ~~(´゚д゚`)したら、俺様色に染まって、黒い書物落ちてきたんじゃへーん。しろねこんところのえせ本屋にも、ないやろーー?? へへんへーーーーん。」
posted by ファンタジー✡とど at 20:53| 緑の縞猫 5章「グリーンシティ編」 | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

5章 Part266 ~ふざけ過ぎよぉぉぉ~

しろねこ「むかつくぅぅぅぅーーーー(>_<) いくらなんでも、ふざけ過ぎよぉぉぉ――――」

――――――――

その頃、シティ周辺では、へんてこへーん なことが起こっていた。
posted by ファンタジー✡とど at 21:25| 緑の縞猫 5章「グリーンシティ編」 | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

5章 Part267 ~バンクまんまん~

ここはバンク。


アカねこ助教授「いったいこれをどこで?」

銀行のお客さん「これ、預けられますよね? おもしろの〝へんつうか〟 10000へんねこは、価値があるんでしょ?」

posted by ファンタジー✡とど at 21:17| 緑の縞猫 5章「グリーンシティ編」 | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

5章 Part268 ~ぽいですけど(・*з・)ノ~

アカねこ助教授「困りました…。これは、偽通貨なのではないですかね? ちょっと博士に聞いてきます。ああ大丈夫。金庫は女王直伝の、思念パスワード式ですから。でも、怪しいやつが来ないか、見ていてくださいね。」


そして、そしてーー。

posted by ファンタジー✡とど at 23:25| 緑の縞猫 5章「グリーンシティ編」 | 更新情報をチェックする