2016年09月01日

5章 Part47 ~泣く子も〝(む)ぎゅ~っ〟(≧з≦)♡~

緑の縞猫「自由を奪うことが、果ては恐怖を引き寄せ、戦争になる」

しろねこ「というより、あまりに後先考えずに、何でも好きなこと、踏みつけながら自由にやってもいいって考えが、ダメなのよ」

ゲッキー「そうですよね。わたし、激情牛・・・って呼ばれてるんですけど、(ぼそっ、) 危ないって子供でも分かりますから 皆避ける、のと同じで、本来当たり前のことですよね(・∀・) あのぅ... もちろん きほんはしっかり ウェイで安全うぉーくですよ~♡


ふしぎな木「人は、前に向かって、歩いています(^^♪」
posted by ファンタジー✡とど at 22:15| 緑の縞猫 5章「グリーンシティ編」 | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

5章 Part48 ~またはしりたいな~

リスキー「うっっっひょぉぉぉぉぉーーーーーーーーーー(≧▽≦) 最後に、すっごい約束だぁぁぁ――。」

アカねこ助教授「それもーーーー」


リスキー「あの一大イベント、鉄道が通って沢山の人を呼べるようになったら、ついに開催」

〝リバーラインレェェェェーーーーーーーースッ〟


一同「おおおおおおおおおおおお!」
posted by ファンタジー✡とど at 22:37| 緑の縞猫 5章「グリーンシティ編」 | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

5章 Part49 ~話題性〝満載〟~

✡「だってここから始まったんじゃん。」

⁂「なんだか、生きてるって、みんなで実感するイベントが、こうもシンプルなものだったって、あのとき気付かされたからなぁ。」


緑の縞猫「なんだか、うわさが聴こえてくるんだけど、創始者リスキーは、僕たちの気ままで自由な冒険のウワサを聞いて、自由なレースを思いついた、って言ってたんだよね。青い冒険が役に立てるなんて、うれしいよ。」

しろねこ「生きてるって感じるもの。技術は、自然を感じるものなのよ。旅の景色、私たちの旅技術だって技術って呼ばれるものだもの。」
posted by ファンタジー✡とど at 23:31| 緑の縞猫 5章「グリーンシティ編」 | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

5章 Part50 ~博士も〝りスキー♡〟~

リスキー「我が友、緑の縞猫 が 約束してくれたぁぁぁ――――! リバーラインレースの優勝者として、王という代表として、この開催に全力協力を惜しまないとぉぉぉ――――――――(≧▽≦)(≧▽≦)(≧▽≦)うっひゃぁぁぁ――イエーイ」


ブタねこ博士「こやつのこのノリには、いつも元気と勇気を貰っとるわい。・・・・・・・・・・リスキー、お前が好きじゃぁぁぁ――――( ゚Д゚)♡♡」


一同「ハハハハハハハハハハハハ・・・・・・・・」


✡「いい。すごくいい。」

✦「ちょーろーサイコーーーー」


リスキー「うるうる( ;∀;)」
posted by ファンタジー✡とど at 20:45| 緑の縞猫 5章「グリーンシティ編」 | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

5章 Part51 ~きらきらかもーん~

緑の縞猫「がぜん、燃えてきた!!!!!」

しろねこ「わたしは、未来どうなってるかが、楽しみだなぁ~。」

リスキー「これから冬! で、賢者チームの季節予報によれば――――。」

あざらし女王「雪が降ることは、こちらではもうありません。また、マジカルスノーでは、すてきに降りますから、雪合戦とかしたい方はいつでもおいでください♪ 雪国のフルーツもありますよ(・ω・)ノ」
posted by ファンタジー✡とど at 22:44| 緑の縞猫 5章「グリーンシティ編」 | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

5章 Part52 ~3ホワイト純白トリオ~

緑の縞猫「っっくりしたぁぁぁぁ。え?女王じゃん(*'▽')」

しろねこ「お久しぶりです、あの時はありがとうございました。」

あざらし女王「会いたかったですよ、しろねこ。以前、ユッキーちゃんが遊びに来てくれました。すてきな彼女と、わたしと、しろねこ。お肌すべすべ、3ホワイト純白トリオに、なりたいですね!!」

ふしぎな木「私も入りたいです。」

(あざらし女王は、遠くを見て、少し微笑みました。)
posted by ファンタジー✡とど at 23:38| 緑の縞猫 5章「グリーンシティ編」 | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

5章 Part53 ~あのなんかちゃっかりした人~

あざらし女王「男前の 緑の縞猫、ぜひ抱きしめたいのですが、今はホログラムですので・・・」

しろねこ「って、そうだったのかっΣ(゚Д゚)」

あざらし女王「はい。あの一件以来、遠くでも半実体で話せるように、色々実用化にこぎつけていたのです。あの自由人程じゃないんですけど、あれがヒントに(^^♪爆」

しろねこ「女王様って、あのなんかちゃっかりした人、好きなのよね。」
posted by ファンタジー✡とど at 20:51| 緑の縞猫 5章「グリーンシティ編」 | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

5章 Part54 ~しっかり じっくり~

リスキー「伝説の自由人・・・。会いたいなぁぁぁ――――――――(≧▽≦)」

しろねこ「やめときなって(^^♪ ふりまわされるよ」

リスキー「でも、よく一緒に何かしてる、ずっと親友な気がするんだけどなー。」

あざらし女王「ええ、気を取り直して。つまりですね。マリン諸島は、マジカルスノー側の一端以外はかなりの暖かスポット♪ヤシの実付き(・∀・)ですので、冬でも快適な環境で、あたらしいことができるでしょう。」
posted by ファンタジー✡とど at 22:14| 緑の縞猫 5章「グリーンシティ編」 | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

5章 Part55 ~そーなんだよ♪~

リスキー「宣言だぁぁぁ――――――――(≧▽≦) はる。はぁぁぁぁぁぁーーーーーる。スプリィィィィィィーーーーーーーーング(@_@。ここに、鉄道の開通と、リバーラインレースの開催を宣言しよぉぉぉぉーーーー(*'▽')」

緑の縞猫「早いな。本来鉄道は、10年単位で造るもの…。」

あざらし女王「しまねこ!わかっているはずよ。あの人もそうだけれど、皆もう、前に進みたくて武者震いしてる。私はね。あなたとしろねこが、すごいことをして、この今を作ってくれたって、分かっているから・・・だから」
posted by ファンタジー✡とど at 20:48| 緑の縞猫 5章「グリーンシティ編」 | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

5章 Part56 ~勤勉なリーダー~

あざらし女王「マジカルスノー、全王族、政治経済その他科学に使命として携わる全勢力、魔法科学をも提供することを持って、マリン諸島、全経路大開通を、全力でサポートいたします!!!!! あたらしい時代を、よろしくお願い致します(≧▽≦)(≧▽≦)(≧▽≦)(≧▽≦)(≧▽≦)」

一同「ワ―――――――! おぉぉぉぉーーーーーー(・∀・)♡♡♡」


緑の縞猫「思い出すなぁ。転移ワープしてくれたあの日。あの時も、勤勉な方だったって、一目で分かったもんね。ずっと導かれているような気がしてた。」
posted by ファンタジー✡とど at 20:16| 緑の縞猫 5章「グリーンシティ編」 | 更新情報をチェックする