2016年06月01日

4章 Part378 ~自ら選ぶ〝恋〟と〝愛〟~

ジュバン=ヌース「魔の性気にあたり、おかされた可哀そうな奴め。大昔のわたしを見ているようで、憐れみ…いや親しみすら感じるぞ。だがな。それを振り払うにはまず力がいる。次に、力に意味を持たせるには、愛がいるのだ。この愛こそが、エリー、お前だ。お前は、私のエリーだ。」

エリー「はい(≧▽≦)♡」
posted by ファンタジー✡とど at 20:49| 緑の縞猫 4章「虹のアーチ編」 | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

4章 Part379 ~酷と酸味も〝美味しく頂く〟~

ジュバン=ヌース「では、コクったことだし、濃厚な試合をしようか。」

コ=ルク「ほざけぇぇぇーーー。お前が、あいつと、将来を誓うのか! ふざけるなぁぁぁ。」

ジュバン=ヌース「ほほう。ここは、魔界の中というわけか。人間がここに迷い込んでいるのに正気を保てるエリーとキサマは相当と言えるが、貴様の方は、もう・・・。だが忘れるな。私は、何千年と、魔の性気を相手にした、いわば戦いの遺伝子を積んだ魔剣戦士。魔界のエネルギーを召喚する呪法の中で、私の戦闘能力が落ちていると思うなよ?」
posted by ファンタジー✡とど at 23:41| 緑の縞猫 4章「虹のアーチ編」 | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

4章 Part380 ~煌(きら)めく〝繊〟士~

コ=ルク「氷の…サウザンドニードル!!!!! 風の魔法…極大化・・・ 魔のミリオンピアス砲!!!!!!!!!!」

〝ぴきぃぃぃぃーーーーーーーーーーーん〟


ジュバン=ヌース「効かぬな。」

コ=ルク「ばかなぁぁーーーーーー|д゚)くぅぉおおおおおおお・・・」
posted by ファンタジー✡とど at 23:37| 緑の縞猫 4章「虹のアーチ編」 | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

4章 Part381 ~ぽっかり響いたもの~

コ=ルク「そうだ・・・。俺はしょせん…。弱い人間の身体で生まれただけの…。だが!!! うぬぼれるなよ、生命化して弱くなったおまえに対して、この俺は…今…魔王になる…。」


グゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・


ガガガガガガガガガガガガガガガガ…


ジュバン=ヌース「ほほう、地震か…。そろそろ次元が壊れてきたな。エリー!脱出だ。」
posted by ファンタジー✡とど at 20:39| 緑の縞猫 4章「虹のアーチ編」 | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

4章 Part382 ~仮にも〝供(とも)〟に 後味憂う~

コ=ルク「ニガスカァァァーーー」

ジュバン=ヌース「悪霊化しているな。確かに、巨大な腕を具現化し、我を掴まんとするのはいい。だが・・・ 悪しき塊となったおまえに、この次元を越えることは… エリーともう会うことは… あるまい!」

コ=ルク「あああああ・・・バカな。ばかなぁぁぁぁ。俺の意識が、魔王に食われるぅぅぅ―――|д゚)」
posted by ファンタジー✡とど at 22:16| 緑の縞猫 4章「虹のアーチ編」 | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

4章 Part383 ~コ=ルク激闘編 終幕!~ ☆時流れ 運命まわるる 次回へと☆

じゅぼーーーーん。

シーーーーン・・・

――――――――――――――――――――――――


ブウウウウウウウウウウウウウウウウ・・・ン


ジュバン=ヌース「よし、着いたぞ。」

エリー「ありがとう・・・。貴方。」

マイン「よかったな! エリー。」
posted by ファンタジー✡とど at 22:44| 緑の縞猫 4章「虹のアーチ編」 | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

4章 Part384 ~やさしい〝いつも〟~

そして、時は流れました。


おもしろ貴公子、ジュバン=ヌースは、エネルギーが持たず、すぐに魔界に還るのですが

エリーは一生懸命愛を育てて、召喚魔法を極めます。


ジュバン=ヌースを召喚しては、思い出の池の前で、いつもデートしていたと言います。
posted by ファンタジー✡とど at 21:39| 緑の縞猫 4章「虹のアーチ編」 | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

4章 Part385 ~各々(おのおの)の変遷~

4年経って、エリーは、後任の者に、新たな王座を任せ

マジカルスノーは、平和に、ごくごく平和に、日々を刻んでいきます。

ジュバン=ヌースは、魔界中をさすらい、魔王、アマプティニヌスの影を追いましたが

なまじ生命対非生命なだけに、探すのは雲をつかむより難しいそうです。

そうして、さらに、20年、時が流れるのです。

――――――――――――――
posted by ファンタジー✡とど at 23:13| 緑の縞猫 4章「虹のアーチ編」 | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

4章 Part386 ~独立国家〝正式誕生〟~

現皇帝「かつての皇帝が、魔族と親交深かったという伝説は、不思議とある。だが今は、皇帝制、民主兼王政の限界についてだ。我々は、もっと独立国家を増やしてもいいのではないだろうか? 環境草花のおかげで、私たちは、知恵と勇気と愛を知った。もちろん、草花は我らの中にある愛である。ただ、予言は予言。大魔王が、20年ほど前、我々に残したメッセージは脅威だ。そこで、真偽はともかく、とど族の多い北と、あざらし族が多い南、ここ数年頑張って地方村の長をやってくれた者たち、彼らをごま王、あざらし女王として、新たに独立を認める。今までも、歴史的には、この2つは国と言えた。私たちは、今後、古来の権威を捨て、20年前のような暴走を起こさぬよう、努めねばならない!!」
posted by ファンタジー✡とど at 20:31| 緑の縞猫 4章「虹のアーチ編」 | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

4章 Part387 ~いつか来る日のために~

マジカルスノー帝国は、親の小国となって、見守る立場を開始しました。

中でも、特記すべきは、研究です。

民衆のため、果ては世界のために、彼らは一生懸命研究します。

研究者たちは、独自のライフスタイルを確立するゆとり方式を取り

定期的に交信しながら、辺境秘境で、マイライフを謳歌します。
posted by ファンタジー✡とど at 23:55| 緑の縞猫 4章「虹のアーチ編」 | 更新情報をチェックする