2016年03月01日

4章 Part286 ~新たな道しるべ~

しまねこは 緑と水色、しろねこは ピンクと橙色の魔法陣なんだよ。ちょっと、金色に光ってる部分が!!!

しろねこ「これは・・・。鍵だよ。あと地図もある。展開してみなければならないけど、ブタねこ博士が、しろねこには、こういうこと知っといた方が…って、いろいろ教えてくれたんだよね~。夢の世界からたまに貴重な情報を持ち帰ることがあるらしいんだ。」
posted by ファンタジー✡とど at 22:00| 緑の縞猫 4章「虹のアーチ編」 | 更新情報をチェックする

2016年03月02日

4章 Part287 ~次なる目的地~

緑の縞猫「目的地は決まった。ここなら、特に住民には会わない。まだ ごま三もざららんも、僕たちも生まれていない。もしかしたら、春に、赤ん坊の僕らに出会えるかもしれない。元の世界に戻れるかは分からないけど、いざとなったら、ここのブタねこ博士に事情を話して、一緒に研究すればいいよ。春まで居れたら、それも目標にしよう。帰ったら、きっと、話せるよ――――!!!!!」

しろねこ「確か、ざららん達は、この戦争の光景を、水晶玉の記録映像で見るんだよね。」
posted by ファンタジー✡とど at 22:00| 緑の縞猫 4章「虹のアーチ編」 | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

4章 Part288 ~探し物 そして 旧帝国~

緑の縞猫「賢者の石を探せ…か。」

しろねこ「どこかで聞いたんだけどね。何度も(^^♪」

緑の縞猫「いよいよ、ごま世界未知の大地、未知の帝国、戦ってるうちに知ったんだけど…マジカルスノー帝国。その生き残りの人に会えるのかな? よし、行こう。未知のステージへ!!!!!」


☆いよいよ次回 新展開へ!☆
posted by ファンタジー✡とど at 22:00| 緑の縞猫 4章「虹のアーチ編」 | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

4章 Part289 ~どうか うちひしがれないで~ ☆プロローグ!ついに紐解かれる 旧帝国〝マジカルスノー〟☆

ごま王国とあざらし王国。

大臣や重役は、ことごとく、邪教、アマプティニヌスの黒い影に 心かどわかされ、操られていたのです。

もし、あなたが、隠れた秘密を持っていて、それを恥ずかしく思っているのだとしたら、絶望する前に、どうか願ってください。
posted by ファンタジー✡とど at 22:00| 緑の縞猫 4章「虹のアーチ編」 | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

4章 Part290 ~かならず そばにいるから~

打ち明け、知られて、噂になっても、歩み寄ってくれる、数多くの人がいたら…

こちら側に、来てと言ってくれる人がいるならば…。

そんな感じで

多くの者は、自分本位の、根強い願望に対して

反省するようになったのです。
posted by ファンタジー✡とど at 22:00| 緑の縞猫 4章「虹のアーチ編」 | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

4章 Part291 ~虹のアーチへの〝アナザー・エピソード〟~

大魔王アマプティニヌス教と、マジカルスノー帝国の名は

彼らの子孫には、語られなかったということで

そういう〝願い〟を〝秘密にしなかった〟彼らは

後に、緑の大陸を経て、たくさんの者と、交流をするようになるのですが――――――――

その前に、この章で重要な、もう一つのお話を語り

この物語を締めるとしましょう。
posted by ファンタジー✡とど at 22:00| 緑の縞猫 4章「虹のアーチ編」 | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

4章 Part292 ~湿気った海底洞窟を抜けて~

緑の縞猫「余波というか…。この大陸では、魔法感知能力が使えるんだよね…。今」

しろねこ「たぶん、王国の方々には、見つからないでしょうね。気を付ければ。」

2人は、最後の、やや湿気った沼的なものもあった海底洞窟を抜けて

ごま世界へ。
posted by ファンタジー✡とど at 22:00| 緑の縞猫 4章「虹のアーチ編」 | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

4章 Part293 ~海岸線から帝国跡へ~

北の海岸… クレーターを作り、地形が変わる運命であろう場所付近までの

ちょうど、くじMとの決戦エリアである地点あたりまで

海岸線を移動。

そこから、スノーロックラビリンスを南へ。

ごま王国とあざらし王国の中間地点、やや西側に存在したはずの滅びた帝国

マジカルスノー跡に、向かうのであった。
posted by ファンタジー✡とど at 22:00| 緑の縞猫 4章「虹のアーチ編」 | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

4章 Part294 ~埋もれた城下町~

緑の縞猫「ここが・・・。」

しろねこ「確かに…。もうすぐ、町おこしでもされて改造されるんだろうけど、今はまだ、跡があるね。」


吹雪…。あるいは、呪法決戦の跡か…。

次第に、原形をとどめなくなり、鉄柵なども、雪に埋もれる、城もあったであろう、滅びた広い城下町跡。
posted by ファンタジー✡とど at 22:00| 緑の縞猫 4章「虹のアーチ編」 | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

4章 Part295 ~2つの手がかり~

この南東のエリアに、鍵があるのだ。


緑の縞猫「この赤い屋根かな?」

しろねこ「大分、埋まってるけど、入れるね。」

緑の縞猫「この本棚・・・。きっと。」
posted by ファンタジー✡とど at 22:00| 緑の縞猫 4章「虹のアーチ編」 | 更新情報をチェックする