2015年10月01日

4章 Part134 ~悲しみのカウントダウン~

そう、次の島、そこから、ごま世界に向けて、危険な凶悪邪砲が放たれようとしていたのだ。

しろねこ「これはまた・・・。悲しみを生み出す、巨大な工場だ…。煙を吐いて… きっと、みんなの心を利用される呪法なんだ。」

2人は、神殿をすべて破壊すると決意する…

だが、そこに!!!!!!!!!
posted by ファンタジー✡とど at 21:07| 緑の縞猫 4章「虹のアーチ編」 | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

4章 Part135 ~伝説の生命体~

緑の縞猫「まさか!黒いドラゴン!?」

ドラゴンが、どこから来るかは諸説ある。

でも、有力なのは、伝説の生命体として、ふしぎな木に近い存在なのではないか?

それが闇られているって、相当だね。
posted by ファンタジー✡とど at 22:17| 緑の縞猫 4章「虹のアーチ編」 | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

4章 Part136 ~ザ・ハイテンション~

ふしぎな木「もしかしたら、魔界に居たのかもしれませんよ。ドラゴンが迷い込むなんて…。アマプティニヌスの魔力も、相当数跳ね上がっているのかもしれません。」

邪の黒竜「ぎゃぁぁぁぁーーーーーーーーーーーーーぉ」

緑の縞猫「喋れないなら、倒そうか。」

邪の黒竜「くわぁぁーーーーーーーーーー」

しろねこ「向かってくるよ!」

ぼぉぉぉーーーーーーーーーー 黒い炎が、島を焼き尽くす!???
posted by ファンタジー✡とど at 21:45| 緑の縞猫 4章「虹のアーチ編」 | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

4章 Part137 ~ブレイク~

2人「ヒコーキけん!!!」

ぷかぷかした2人が見たモノ、それは、焼き尽くされた15の神殿だった。

緑の縞猫「やったーー。壊れた――!!」

え!?
posted by ファンタジー✡とど at 22:13| 緑の縞猫 4章「虹のアーチ編」 | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

4章 Part138 ~ねじれ~

島が…、空間がおかしい。

しろねこ「飲み込まれる・・・。これは、呪法のトラップ!????」

緑の縞猫「やばい。かかると、もう一生出られないかもしれない!!!!!」

ゾンビ黒竜「くっくっく。我は大魔王アマプティニヌス。魔の性気の塊で、知能すら持つものだ。」
posted by ファンタジー✡とど at 17:45| 緑の縞猫 4章「虹のアーチ編」 | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

4章 Part139 ~でたらめ~

緑の縞猫「なるほどな。集めた負のエネルギーによって、こいつが誕生するように仕込まれてたんだ。だとすると、こいつはこの空間でしか生きられない。」

しろねこ「ドラゴン自体が伝説の存在なのに、こんなところに、しかも黒い方の尋常じゃない環境のがいるなんて、もう最初から、でたらめよ!」

緑の縞猫「僕らが来ているこの過去自体が、運命的にもうでたらめだけどね!!」
posted by ファンタジー✡とど at 23:42| 緑の縞猫 4章「虹のアーチ編」 | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

4章 Part140 ~おもいこんでりゅ~♪~

しろねこ「でも、愛だけは、信じることができるから!!!!!」

ゾンビ黒竜「バカめ。我は、大魔王アマプティニヌスであるぞ?」

2人「そう思い込んでるだけでしょーーーー!!!!!」

ぐわぁぁーーーーーーーーーーーー
posted by ファンタジー✡とど at 22:12| 緑の縞猫 4章「虹のアーチ編」 | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

4章 Part141 ~魔の栄養失調??~

ゾンビ黒竜「ほっほねがぁぁぁっ。近頃、魔の栄養失調で、骨が育ってないのかぁぁぁ。」

しろねこ「パワーアップしたって言ったんじゃないの!?」

ゾンビ黒竜「あ、わすれてた。我は、今から、痛みを感じない亡者となって、アマプティニヌスになるのだぁぁぁ―――。」

しろねこ「なればぁーーーー(-_-)」

ゾンビ黒竜「何じゃ、この反応は! 無礼者めぇぇぇ。」
posted by ファンタジー✡とど at 22:12| 緑の縞猫 4章「虹のアーチ編」 | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

4章 Part142 ~カオスルール~

緑の縞猫「確か、ドラゴンの身体は堅いらしいが、あんたはどうかな? もうドラゴンじゃないんだろう? 亡者なんて、強さをバカにしただけの力じゃないか。ルールを壊すルールが、ルールを作れるわけないじゃん!」

しろねこ「それを〝カオス〟と言うの!!!!!」

ゾンビ黒竜「うるさいわーー。わしゃ、カオスなフルーツが大好きじゃぁぁぁ。」

緑の縞猫「そもそも、ドラゴンってどこにいたのさ。故郷に帰りなさい!」

ハァぁぁぁぁぁぁ――――――っ
posted by ファンタジー✡とど at 21:43| 緑の縞猫 4章「虹のアーチ編」 | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

4章 Part143 ~ごちそうさまでした!?~

緑の縞猫「今なら、エネルギーを叩きこむだけで、こいつを、生死の境を超えて、どこか適切な居場所に跳ばせると思うんだ。こいつが、誰かのために幸せに生きたいと思っているのなら、個の身体がどちらにせよ、適切な命や環境に行くはず。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2人「え?」

ゾンビ黒竜「はっはっは。わしは、この空間の時間の加減速を自在にできる。お前らはとっくにわしの腹の中じゃぁぁぁ。」
posted by ファンタジー✡とど at 22:10| 緑の縞猫 4章「虹のアーチ編」 | 更新情報をチェックする