2018年07月15日

6章 Part353 ~微笑みの空~ ☆スペシャルエピローグ3☆

緑の♡猫「うわぁーーーー。円形広場の木は、あるんだよね?」

しろねこ「たぶんそう。もっと精妙な、世界の樹(き)の意識が、緑の大陸の中心に、まるで世界がうーんとほほ笑んでいるかのように、そう、うれしさで声を出して笑っているかのように―――咲いたんだ。花開いたんだ!!!」


ラッシーホログラム「知っていますか? この世界には、――ええ、多くの世界に存在する逸話には――、こんな伝説があるんです。」

世界の樹(き)は、天高くまでそびえ立ち、天の世界に導く―――と!


―――――――――
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

6章 Part352 ~はじめまして!天空の大樹♡~ ☆スペシャルエピローグ2☆

ユッキー「感じたよ! 見たよ!!」

わたげ「見えますメェ。誰の目にもくっきりと!」

緑の♡猫「見たことないよ。今まで、一度も、見たことないよ!!」

しろねこ「咲いてる。開いてる。これが、天空の大樹なんだ!!!!!」


そう、そこには、グリーンシティレイクの小島を中心にして、大きな大きな

とーーーーーーーーーーーーーーーっても 大きな

世界の樹(き)が、輝いて、輝いて、まるで天高く伸びてるかのように

すてきにすてきに、そびえ立っているのです。
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

6章 Part351 ~〝ゆめ〟が見える~ ☆スペシャルエピローグ1☆

〝緑のRadio~♪ 今日もいい天気ですね――――!!! さーーーて。本日のリクエストは――――愛の縞猫さんからのリクエスト―― アルバム SO LOVE から、みんなが元気になるオススメの曲~ I’LL BE FUTURE IN THE SKY☆彡 !! 列車の中でも、聴いてみてね~~~~〟


~♪―――――――――


緑の♡猫「感じる。ありがとうって。夢の中でも、言われたね。」

しろねこ「外を見てよ。」

ブタねこ博士「おおおおおおおお!これは夢か。いやぁーーーー、ちがうΣ(゚Д゚) 〝ゆめ〟が見えるんじゃよ!!!!(驚)」

丘の人々―― ザワザワザワザワ

時は少し流れ、緑の大陸は、新しい世界になりました。
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

6章 Part350 ~今日の頂き~ ☆エピソード6 星空の下で堂々歓!☆

ゲッキー「ちょっと滑りまくっていて、温泉でウトウト、ハートのねこ♡さんたちが来るかもしれないから、3号で帰りましょうってことになって、リゾート内で何も食べずに来たので、ちょっとお腹が減ってますー♪~」

くじM「ああ、そうやそうや。スノーの中心街にな。おいしーたこ焼屋台が出来とって、わいたこ焼大好きやから、ほら、火の魔法でこーりのべーる溶かしたら、アツアツで食べれるやつ。どーや? よーさんあるでーーーー♡」

緑の♡猫「僕もしろねこもお腹ぺこぺこ――――(≧▽≦)」

一同「いっただっきまーーーーーーーーすっ(≧▽≦)(≧▽≦)(≧▽≦)(≧▽≦)イエーーーーイ!!!」

――――――――――

ふしぎな木「ほら、今日も夜空がきれいです(^^♪ 快速列車は、市長を王都で分かれ、想いの丘に向けて今日も快走します♪~ このお話は、ここでお開き。 でもね、エピローグが、あるんですよ(・∀・)」


エピソード6「快速列車とポセイ統領の水差し」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

6章 Part349 ~めっ♡ちゃωモード♪~

ゲッキー「すごいですねーーーー。ボクにはわかりますっ(`・ω・´)」

リスキー「そうだよねーーーー。おちゃめな水差しだよね~(≧▽≦)」

しろねこ「なーんか、いっぱいいっぱい滑ったよ!」

緑の♡猫「で、どうだった? スキー、楽しめた?」

ゲッキー「モチです。りすさん、最強(・∀・)」

ハートのりす「もーーーー、りすのハッスルで転がりまくり~(≧▽≦)イーェーイ!!」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

6章 Part348 ~愉快にお話♢~

みんな「くじMサンΣ(゚Д゚)!?」


――――――――――――ガタンゴトン


くじM「驚いてもろうて有り難う♡ わい、ローラースケート靴で、鉄道にも縁がある市長やさかいなぁ。」

緑の♡猫「いやぁー。乗車してたんだぁ。」

くじM「午前中になぁ、スノー会談があって、わい、始発のこの快速―3号な?―に乗って、ちょっととどの王都まで行ってきて―ん。 で、どーやったぁ? なんか、まほーみちとか行ったらしーやん!」

緑の♡猫「じゃじゃーーーーーん(*'▽')」

一同「おおおおおおおおおおおおおお('◇')ゞ これって水差し!?」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

6章 Part347 ~興味〝深々〟~

緑の♡猫「いんやぁ。5時間きっかりだったねー。 あーそうそう。ポセイ統領に会ったよ!」

ゲッキー「おおおおお? なんですかぁーーそれーー(*'▽')」

リスキー「知ってる―――(*'▽') シャークの時もだけど、前にくじMに聞いたんだぁ――。 なんだかすっごい人らしいねー。ああ、そういえば、くじM初登場シーンの時に、居合わせなくて、ごめんねー(≧▽≦)」

しろねこ「いいよぅ。誰しも、スケジュールがあるんだから♪~」

粋のいいクジラ「そやな。わい、ポセイ統領のことなんて忘れとってん。海凍ーっとったし、頭ぶつけたしなぁ。 最近になって、神秘な感じが増しとんのか、わいのの~ないデータが復活してきてな。で、なんか、渦巻いてるディープなスポットで、すごい冒険した気がするけど、それもそこまで覚えてへんなぁ。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

にほんブログ村