2020年03月31日

8章 Part208 ~[page❀1]:強さ~








我はもうダメだ。ここで天に帰れるだろうか。


もし、このたましいが、闇へと拘束されるのならば、地上にたくさんの迷惑を掛けてしまうだろうな…。

空の存在であるにもかかわらず、僅かに強さに溺れた心、それが我の敗因であったか―――


さらばだ―――――― 神よ!地上よ!!




s・・・



〝もしもし!〟
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする

2020年03月30日

8章 Part207 ~black:[memory]☀~

レアール「我は、故郷に帰るため、空間に裂け目をつくった。・・・ところが!」

しろねこ「・・・・・(`・ω・´)」


レアール「魔王は、至る所に落とし穴をつくっており、空間の裂け目より うまく天へと昇ることは できなかった。」


休息さえ取れれば… こんなもの、吹き飛ばしてくれるのに ―――


―――――――――――

―――――――

―――――


ゴロゴロゴロゴロ・・・・・・・・・・

がっしゃーーーーーーーーーーーん


――――――――
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする

2020年03月29日

8章 Part206 ~ひどすぎですよね<(`^´)>~

レアール「空鏡をはじめとする 神聖なまほうみちや神の神殿、どこからでも 魔王とその信邪は、呪いの神殿への穴をつくることができる。 我が、地上までしか行くことができないことに、気付かれてしまったのだ。 ちょうど大魔王が天へと行けないのと 同じように。」


修道士エル「そんなひどいことが・・・。」


くじM「なんや、聴いてて ほっこりは せんですなぁ。」

ポセイ統領「胸がざわつく話だな。」


頼れる聖騎士「はっきりいって、ひどすぎですよね。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

8章 Part205 ~心がゆい!~

レアール「答えよう! 我は、恐れおののいた。 今まで、魔王の軍勢と戦ってきたが、我にかなうものなし。もちろん苦戦はしたが、地上に降りた経験から、ここ空から、空鏡で いくらでも修行をすることができるのだ。 あの呪いは、我に初めての敗北を与えたのだ。 我のこころの一部は切り取られ、我はそれに気づかなかった。 それは、魔の異世界発の悪用まほうみち、呪いの神殿の奥深くに奉られ 封印されていた。 心がゆい!!」


緑の♡猫「そうか・・・。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする

2020年03月27日

8章 Part204 ~けんちゃんとレアール☀~

いにしえの大賢者「はじめまして!レアールよ! 私は以前 ここに来たことがある。 幼き白いドラゴンを、見たことがなかったか?」

レアール「いや。知らないな。」


修道士エル「ブラック=レアール! エルフの世界樹に降りてきた日、あなたは たいそう傷ついておられました。 あれからとても長い時、あなたは、どうしておられたのですか?」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

8章 Part203 ~会ってよかった!~ ✧天の勇気✧

しろねこ「この話は、今、大々的に推論しない方がいいわ。 ありとあらゆる可能性に掛かってくるから。」

緑の♡猫「でも、僕らが経験した ここ数年の出来事が、全く新しい文脈で、繋がるんじゃないかな!!」


会ってよかった!


レアール「だがな。結局、厄介なのは、魔王の呪いなのだ。 我は 魔の異世界では 正気を保てないゆえ、地下のことはよく知らぬ。 精妙度を下降させることで、何とか、地上に近い世界に 降り立つことができるということなのだ。」


想像以上に、黒帝・レアールは、苦しめられていたんだ。

やはり、魔王は 恐ろしい存在でも あったということは 確かだ。
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする

2020年03月25日

8章 Part202 ~虚呪の悪夢~ ✦掴め!正態✦

レアール「名もなき土地は、名残りを見せる。 そうちょうど、立派な街をかたどり、まるで都市が滅びたかのような 毒々しき情景をリアルに魅せ、似た世界の者に 悪夢と見せ 引き込み寄せるのだ。 そこにハマった世界は、悪夢に壊される。 嘘を見せられた世界は、それを真実だと錯覚するのだ。」

緑の♡猫「・・・・・・・・・・・・・・・・(`・ω・´)」


レアール「そうだ。ちょうど、それにやられて、崩れ落ちたと錯覚して 二度と目覚めることの無かった世界もあると聞く。 即ち、幻影に焼かれるのだ。 それが魔の封印術、通称・・・呪いだ!」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする

にほんブログ村