2021年09月17日

[✱]章 Part120 ~ 会心の一撃 (≧▽≦)♡ ~

🌸


しろねこ〔*〕「いまだ!」





しろねこは、ハートのねこ♡を、抱きかかえるようにして、おばけから、遠ざけました。 そして、一言!!


しろねこ〔*〕「それ、にげろ!!」





すたすたすたすた(・∀・)





OBAKE「のがすものか・・・。」





洞窟おばけの 顔色が 変わります。


今まさに、チャンス、しろねこが、背中を 見せているのですから。





OBAKE「お前の生命力、いただきだ――!!」





バぁ――――――――――――んッ!!!





しろねこの攻撃が、見事にヒット。





OBAKE「ぼわぁぁぁぁぁぁ・・・・・・・」




おばけは、沈むように、洞窟の 地面の底へと、消えて 滅びました。


当時の原作曰く、おばけは、攻撃する時、姿を現すタイプ のようです。

この弱点を 見破ったものは、未だかつて、居なかった わけですねぇ。


よかった、よかった。。



✧ ―――――――――― ☀ ―――――――――― ✧


 ♪  ☀  ☆彡  💛  ω  🌻  ♢


✧ ―――――――――― ☀ ―――――――――― ✧


MEMORY 06 (⋈◍>◡<◍)。✧♡

P150.JPG


✧ ―――――――――― ☀ ―――――――――― ✧
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ハートのねこ♡〔✱〕の大冒険☆彡 | 更新情報をチェックする

2021年09月16日

[✱]章 Part119 ~ぴかぴか✧の〝ぱっちり(ω)おめめ〟(・∀・)♡~



しろねこ〔*〕「あと、見えたよ、君の弱点!!」

OBAKE「なんだと!」





しろねこは、目が良かった。

というより、精力を 修行するうちに、黄色く光った エネルギーを、目に宿して、敵の動きを 見るのが、うまくなって いったのだ。





しろねこ〔*〕「ダーリン、攻撃を! 猛攻、ラッシュで、おねがい!!」

緑の♡猫〔*〕「よし来た。 休まず、攻撃してみるよ!」




ハートのねこ♡は、おばけに 猛攻を 仕掛けます。


しかし、攻撃は、全く おばけに 当たりません。


しろねこは、じっくりと 集中して、機を うかがっているようです。



✧ ―――――――――― ☀ ―――――――――― ✧


 ♪  ☀  ☆彡  💛  ω  🌻  ♢


✧ ―――――――――― ☀ ―――――――――― ✧


MEMORY 05 (⋈◍>◡<◍)。✧♡

P149.JPG


✧ ―――――――――― ☀ ―――――――――― ✧
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ハートのねこ♡〔✱〕の大冒険☆彡 | 更新情報をチェックする

2021年09月15日

[✱]章 Part118 ~ 強くなったんだ('ω')!~



緑の♡猫〔*〕「だいじょおおおおおおぶっ!」

しろねこ〔*〕「よかったぁぁぁぁ(*'▽')!!」


OBAKE「なに? 常人なら、粉々になるような、威力で 打ったんだぞ!!」


緑の♡猫〔*〕「修行、したんだ。」

しろねこ〔*〕「そうだ!!」


おばけには、2人から 発している エネルギーを、感じることが できないようです。

2人は、光ることができる 程度だと 思っているのです。


OBAKE「この 私の攻撃が、効かないだと・・・?」

緑の♡猫〔*〕「効いてるさ。」



✧ ―――――――――― ☀ ―――――――――― ✧


 ♪  ☀  ☆彡  💛  ω  🌻  ♢


✧ ―――――――――― ☀ ―――――――――― ✧


MEMORY 04 (⋈◍>◡<◍)。✧♡

P148.JPG


✧ ―――――――――― ☀ ―――――――――― ✧
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ハートのねこ♡〔✱〕の大冒険☆彡 | 更新情報をチェックする

2021年09月14日

[✱]章 Part117 ~その.. 透過攻撃?~

ばぁーーーーーーーん!


OBAKE「ヒットぉぉぉぉ!!」


なんと、攻撃が、ハートのねこ♡に、直撃。


緑の♡猫〔*〕「うそ・・・だろ?」

しろねこ〔*〕「なんで??」


OBAKE「攻撃することも、できちゃいましたぁー(´ρ`)」


緑の♡猫〔*〕「なめられてるな・・・。」

しろねこ〔*〕「ダーリンが、重い攻撃を 受けた…。」


ハートのねこ♡は、数メートル 吹っ飛ぶような、攻撃を 受けたのです!!


OBAKE「ソクシ、けっていぃぃぃ――。」



✧ ―――――――――― ☀ ―――――――――― ✧


 ♪  ☀  ☆彡  💛  ω  🌻  ♢


✧ ―――――――――― ☀ ―――――――――― ✧


MEMORY 03 (⋈◍>◡<◍)。✧♡

P147.JPG


✧ ―――――――――― ☀ ―――――――――― ✧
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ハートのねこ♡〔✱〕の大冒険☆彡 | 更新情報をチェックする

2021年09月13日

[✱]章 Part116 ~ くるくる(・∀・){ω) ~

緑の♡猫〔*〕「よし、倒そう。」

しろねこ〔*〕「どうやって?」


OBAKE「私は、無敵なのだ。」


緑の♡猫〔*〕「でも、お前の攻撃を、こちらに 仕掛けることも、できないんだろ?」

OBAKE「そうさ。よく知ってるな。 私の攻撃は、その 無敵ゆえの 強さにある!」


では、いくぞ!!


緑の♡猫〔*〕「来る!」

しろねこ〔*〕「来る!」


おばけは、腕に 力み を入れ、ハートのねこ♡ たちに、襲い掛かりました。



✧ ―――――――――― ☀ ―――――――――― ✧


 ♪  ☀  ☆彡  💛  ω  🌻  ♢


✧ ―――――――――― ☀ ―――――――――― ✧


MEMORY 02 (⋈◍>◡<◍)。✧♡

P146.JPG


✧ ―――――――――― ☀ ―――――――――― ✧
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ハートのねこ♡〔✱〕の大冒険☆彡 | 更新情報をチェックする

2021年09月12日

[✱]章 Part115 ~なにかある!~



緑の♡猫〔*〕「じゃあ、どうすれば、いいの?」


しろねこ〔*〕「私たちの目的って、何?」


OBAKE「おまえたちは、冗談半分で、冒険気分で、ここに来た。 万死に値する!」

緑の♡猫〔*〕「つまり、こいつは、僕らの冒険が、僕らの故郷の 危機と 連動していることを、何となくでも 察しているんだ。 つまり、このマグマ洞窟の 秘密を 暴くこと が、コイツにとっては、都合が悪いらしい。」


しろねこ〔*〕「もう、ほぼ、こいつのせいで、故郷が 大変なことに なっているって ことだよね。」

OBAKE「お前たちは、知る必要がない。 この洞窟の 真の恐ろしさ は。 なぜならば、この先に お前たちが 踏み入れたら、こちらが、困ることになるからだ。」



✧ ―――――――――― ☀ ―――――――――― ✧


 ♪  ☀  ☆彡  💛  ω  🌻  ♢


✧ ―――――――――― ☀ ―――――――――― ✧


MEMORY 01 (⋈◍>◡<◍)。✧♡

P145.JPG


✧ ―――――――――― ☀ ―――――――――― ✧
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ハートのねこ♡〔✱〕の大冒険☆彡 | 更新情報をチェックする

2021年09月11日

[✱]章 Part114 ~ワタシヲ✦タオセルモノナド✦イナイ(´◉◞౪◟◉)~

マグマ洞窟に入った、ハートのねこ♡たち。

そこに 待ち受けていたものは、煮えたぎる 溶岩。

そのエリアから 離れると、洞窟のおばけが、登場!!

透明ボデェに、攻撃が、当たらない!!


緑の♡猫〔*〕「よわったな。」

しろねこ〔*〕「こまったな。」


ハートのねこ♡たちは、精力を使うことが、できるようになりました。

けれど、エネルギーを、身体に纏う、周りを照らす、そのくらいしか、基本的に、できません!


ふつうのパンチやキックは、このおばけには、きかないのです。



OBAKE「わたしを 倒せるものなど、いない!」



✧ ―――――――――― ☀ ―――――――――― ✧



 ♪  ☀  ☆彡  💛  ω  🌻  ♢



✧ ―――――――――― ☀ ―――――――――― ✧

P144.JPG

✧ ―――――――――― ☀ ―――――――――― ✧
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ハートのねこ♡〔✱〕の大冒険☆彡 | 更新情報をチェックする

にほんブログ村