2019年10月18日

8章 Part43 ~そうそうそうωでした✧~

❀「私は、あなたたちと出会えて光栄です。 そう。ずっと、夢の世界へ来て下さった日から、ずっとあなた達を意識してきました。 ほんの些細な意識ですが、それが大きな大きな、私の核心ともなりました。 そうそうそうです。 ゆめ・・・といえば、ドラゴンを知っていますね!」

緑の♡猫「そーだ! 本題かは分からないけど、空はすべてであり 生き物に先だって在る。 でも、ドラゴンは、空に近い生き物なんだよ。 全てである空そのものではなく、少し 地上に近い空。 彼らに出会えるならば、僕らのこの空での存在も、納得できる。 そして、そのドラゴンの存在は、別の異世界にも知れ渡っていたほど。」

しろねこ「ドラゴンは、伝説の存在で、夢の異世界でも会ったことはなかったわ。」


それと今回の冒険は、絶対に関係するよね!
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

8章 Part42 ~いともたやすく~

きーーーーーーん。きりん❀りん❀きーーーーーーーーーーーーん。


ムーディーな空の音色が、響きました。


緑の♡猫「ここは・・・。 空の天空にある、緑色の大地だ。 小さな湖、茶色の石、いつもの感じもするけど、天空に浮かぶ、静寂な浮遊大陸。」

❀「そのとおりです。 ここは空でありながら、あなたたちが旅する世界のハート。 今までの技術と経験を、愛の鈴が受け、あなたたちの見る通りの世界へ連れていきます。」

しろねこ「なるほど。 私が一番最初に夢の世界に来た時と似てる。 もしかして、同じ場所?」

❀「わたしたちはもう、いままでのような複雑なやり取りをせずに、自由に飛ぶことができます。 世界はいともたやすく、空としてあなた方を受け入れているのです。」


同時に、空としてのあなた方が、すべてを受け容れているのです。
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

8章 Part41 ~懐かしきワクワク☀✧☆~ ☆おもしろアイテム!?愛の鈴☆

❀「そうです。 あなた達は、ここへ登ってきました。それは、ゴールではなく、実力なのです。 ここへ来た意味は、今日、また新しくつながるのです。」

緑の♡猫「この空の世界は、雲空の大地に広がっている 小さめの島のようだけど、ここから、どこかの大陸へつながって、旅をすることはできるの?」

❀「はい。できますよ。 本当の空の夢、それは、夢をつくる技術なのです。 この鈴をお持ちなさい。 これは、愛の鈴。 一振りすれば、広大な空の大地へ。 願ってたくさん振れば、ここへ戻りいざなわれるでしょう。」


この空虹色に輝く鈴は、2人の心をワクワクにし、懐かしき夢の自由な冒険を予感させます。
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

8章 Part40 ~そうだね✧ 行こう!~

〝おはよう!〟


緑の♡猫「うわーーーーお。朝だぁ――。なーんか、清々しっ!!」

しろねこ「夢の世界で、むかぁし、似たようなシチュエーションだったような気がするなぁ。 日々、眠ったりしながら。」


旅をするんだ!
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

8章 Part39 ~力強く生まれ続ける✧~

ふしぎな木「みてごらんなさい。 ハートのねこ♡、しろねこ! こんなに、空は、世界は広がっています。 私たちはもう、私たちが想像もしなかったような、広くて深いステージで、明日へ向かっているのです。」

ゆめのハートねこ「ふわぁーーーーーーぁぁ!! 空で見る夢って、なんか、今までの中で、ふしぎな感じの時に見る特別な夢と似てるね。」

ゆめのしろねこ「うーん。 普段の大地で眠りにつくと、世界がふわーっととろけて、重さを忘れるけど、今回の場合は、むしろ、大地に近づいて、いつもの記憶がより鮮明になる感じだよね。 木とのふしぎな思い出も、空の中では 興味を忘れていくからね。」

ふしぎな木「この夢は今、私たちで空から見ている夢。 空の中では、皆で見る夢となるのです。 こうして私たちは生まれました。 そして、雲が、たくさん流れて、天国から朝がやってくるのです。 それは、あの子にもこの子にも、やさしく平等に降り注ぐ愛の光なのです。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

8章 Part38 ~空で✧おやすみ♡~

そうして、僕たちは、神々しい空の神殿の きれいな白空光の大広間で、天のバナナとか空のりんごとか フルーツと一緒におもてなしを受けたんだよ。


もうすこし、時間が流れて、ちょっとだけ暗くなったように感じる、やさしく明るい空の夜。

――――――――――――


❀「お疲れでしょう。 今日は、ベッドで、ごゆっくりどうぞ。」

////////


ばさっ


緑の♡猫「おおお、この部屋の空間は、いつぞの初々ピンクの像の時に生じた 夢空間に近いのではござらんか」

しろねこ「確かに、こうして、空の世界で、落ち着いて眠ろうって機会があるなんて。」


すぅーーーーーーー


そうして、僕たちは、とてもぐっすりと眠りました。
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする

2019年10月12日

8章 Part37 ~真の万能✧~

❀「はい。だからこそ、私たちは、ここに来て、導かれて、こうしていられるのです。 それが意味なのです。 起こることすべて、ふしぎに満ちている根拠とは、大魔王という幻影の理屈によってねじ曲げられた逆なのです。 相方との出会いも 繋がりによる分かち合いも、知性が自分に嘘をつかないという明白な理屈をモノにしているというのなら、ふしぎな偶然も起きますし、何一つ偶然が無いのは 空の形だから、非時間的にも納得できることなんです。 ただ魔王が自らの行為を真実の定立だと誤認している故に、ふしぎな運命の繋がりは なかったことにしてやっていると、目論見が成功していると、思いこめるだけなのです。」

緑の♡猫「この世のふしぎなしんぴは、決して、そういう風に手にすることはできない。 果てしなく自由なのだから!!」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 8章「空の世界✧編」 | 更新情報をチェックする

にほんブログ村