2019年06月16日

7章 Part335 ~えーねんでー♡~

お・・・おうごーーーーん!??


くじM市長「えーっと。この石像は、①倉庫の石像、②福引の石像、③無敵の石像――まず①から順にやってくれるみたいやなぁー。」

一同「って、なんでいきなり、こんなすんごい石像出る―――ん( ゚Д゚)!??」


くじM市長「わい、運ええからなぁ。 黄金は天下のまわりものやから、遠慮―せんでえーねんでー♡」


①〝では、前回集めたアイテムは、太陽の石像が吸収した分も含めて、すべて引き出そう!〟


シュチャリンピカーンチャドドドドドドドドドドドーーーーーーーーーー

くじM市長「わーい。でたでたー♪」


数えきれないくらいのアイテムが出てきました♪
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

7章 Part334 ~輪nn〝F〟おー!!(・0・)!! ru♪~

ばばばばばばばーーーーーーーーーーーーん!!!

緑の♡猫「みんなぁーーー。」


――――――――――――

僕たちは、いく手にも分かれて、探索を開始したんだよ。

そうして、時間が少しずつ経っていくんだ。


――――――――――――

くじM市長「ありましたわ。黄金の石像ですわ。説明付き♡」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

7章 Part333 ~おヒマなので 話をしよう☀~

太陽の石像神「私は太陽の石像の管理者。召喚獣のような姿で初登場だ。信じられないような偶然と運命と勇気と希望によって導かれし すてきな開拓者たちよ。――この間は、強大なワープゾーン。ワープするのは、仲間たち全員である。――これまでの仲間たちが今、引き寄せられて、ここに到達するであろう。」

緑の♡猫「・・・・・・(・∀・)」

太陽の石像神「その間、少しおヒマなので、話をしよう☀――まず、オレンジ色の石像について。これらの石像は今からアイテムを食べることをやめるであろう。そして、道しるべは、仲間の数だけ強化されるのだ。――さらに! あの赤の石像は、並列増殖より直列増殖に切り替わる。な、楽しみじゃろ?――アドバイスはひとつ。――お気軽に―♡」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

7章 Part332 ~わたしtoわたしtoわたしtoわたしde(✧)~

神々しい召喚の魔法陣。その部屋の隅には、美しい女神の像が4つ。

――――――――――

緑の♡猫「やってみようよ。この4人なら、行けそうな気がする。」

しろねこ「気持ちを…ぱっしょんに!!」

しろねこ(P2)「テンションを…挙げて!!」

緑の♡猫(P2)「アゲアゲの熱々で!!」


こころ・・・ぼぅぉおおおおお(炎)


バチバチバチバチ・・・・・・・

!!!!!!!!

きらぁーーーーーーーーーん


おおおおおおおお
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

7章 Part331 ~わ♡わ♡わ♡(・∀・)っと☆彡~

緑の♡猫「ここ、召喚の間だ。」

しろねこ「実はね。私たち、700階層を越えたのよ。でね。650階辺りから、3度くらい、この召喚の間を見つけてる。」

緑の♡猫「でも、4人、召喚士が必要だったんだ。でも、僕らは2人しかいなくて、後は、誰も召喚の技が使えなかった。」

しろねこ「わたしたちね。そうやって、もう進まざるを得ないって空気で、最初の方を緻密に攻略しすぎて、考え方に凝り固まるようになっていたの。2度もよ。」

しろねこ(P2)「そうだよね。最初から越そうとすると、壁を築くようになるかもだよね。だとすればさ。もう一気に、うわーーっと、上まで行くって感じに今できればいいんじゃないかな?」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

7章 Part330 ~ゆっくりでも進もう~

しろねこ「もっと、もーっと、内在化できるこの世界。――今来たこの世界。 私たちは、途中まで内在化したから、まだ、この空のまほうみちの外在的な、到達しての内在化 ができていない部分は、具体的な形として、これから冒険していかなきゃなの。」

しろねこ(P2)「うん。ここから、わたしたち、できうるかぎり、進んでみるね。」


僕たちは、たぶん、精妙度65%、到達度450階程のエリアに飛んだ。

そして、ここから700階を越えて、更なる頂に行かねばならないということなのだ。

ゆっくりとでも。


――――――――

あ!・・・これは。
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

7章 Part329 ~ハイパー〝アワー.。o○〟~

/////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////


緑の♡猫(P2)「まるで、僕らの中の世界だけ、短い時間で長い修行を経験したみたいだ。」

緑の♡猫「うん。僕たちが共通した夢の経験を持っていることと、すでに天空の樹(き)とずっと一種でこの修行体系を共有していること、そして、空のまほうみちの時間を手順を踏んで僕たちがすでに取り入れていること。」

しろねこ「それに召喚の技の能力が伴って、これらの条件から、客観的に別のこの4人の中で、同じ修行経験を速達共有できるんだね!」


しろねこ(P2)「信じられない話だけど、わたしたち、未来に来てまだ数時間しか経っていないのよね。」

緑の♡猫「この世界を経験すると、何万年も、旅をしてきたような実感になるんだ。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 7章「天空の大樹☀編」 | 更新情報をチェックする

にほんブログ村