2020年08月03日

9章 Part85 ~マジカルスノーの〝暮経〟(クレーター)~

しろねこ「というわけなのよ。 当時、魔の世界から、マジカルスノーに、怪物が現れて、ごま三と ざららんと ラッシーと ちゃっかー、私たちの仲間を助けるために、海を渡って応戦したけど、その時の 分からないことが、今 まだ、続いているの。 ブリーズ君の 過去を、私たちが 全部言うことはしないけど、今のアナタからは、危うい生命反応があるね。」

ブリーズ2「僕は、生まれ変わったようなんだけど、夢の世界に身体があるから、或いは、夢の世界の身体を 持っているから、この世界に来てしまった以上、夢の体を失うと、きっと僕は消えちゃう。 でも、僕は、この夢の心身を持って、ここに来たかったと思えた。 それが なぜだか、よく分からない部分もあって・・・。」


緑の♡猫「どちらにせよ、助けてもらったことと、彼の心身が 魔の異世界で変化したこと、ブリーズ君を このまま連れていくしかないけど、ここって、安全なのかな?」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 9章「魔の世界✦編」 | 更新情報をチェックする

2020年08月02日

9章 Part84 ~独特異外の凍乗人物♪~

レア「話せ! 一体、こやつは 何なのだ?」

ポセイ統領「わしのところに、深海の異世界に来た、風来人だ。 かなり、独特の技法を持っている。 聖騎士が いたく 気に入っておったなぁ。 おぬしが、あの、クレーターを作ったっていう、ブリーズか。 くじMから、聞きなおしたんだよーん。」


エンライト「独特の人生を、彼から感じますね。 まるで、この世界に 魂が馴染んでいるかのような、にもかかわらず、地上の匂いがする。 この方が手を差し伸べてくれなかったら、私たちは、あのまま、闇に閉じ込められていたかもしれません。」


ピーーーーーーーーーーーーーン


大賢人「なるほど!―――少しすまないな。 心が分かりやすいと思ったので、少し見てみた。 そういう感じなわけか。」



全章のパーティの風人は、どうやら、今章のパーティーに復帰するようでっす。


ふしぎな木「って、イブル=マプトって、何者ですかぁ――――(*ノωノ)」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 9章「魔の世界✦編」 | 更新情報をチェックする

2020年08月01日

9章 Part83 ~どこかで何かを感じてた✧~

魔の世界は、新たに形を変えて、ハートのねこ♡ たちを 惑わします。


その中に、新たな手が差し伸べられたのですが、果たして彼は・・・?


――――――――

ブリーズ2「僕は、正直、すべてを 思い出せるわけじゃないんだ。 ただ、昔、何か、君たちに 迷惑を掛けたんだろうというところは、覚えているんだ。 僕は、自分探しの風人として、旅に出た。 そこで、ふしぎな方々と出会い、今、僕にできることを考えていたら、僕の故郷の感じもするところから、声が聞こえてきた。 ハートのねこ♡たちの声がね。 助けてーーって。」


緑の♡猫「そうか。 君がブリーズ君か。 ずーっと、何か、育っているような、変わっているような、そんな気は していたんだよね。」

しろねこ「でもさ、君って、生命かどうか わからなかったから、私たちの常識で、行方を 想像できなかったのよ。 でも、どこかで、何かを感じていたわ。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 9章「魔の世界✦編」 | 更新情報をチェックする

2020年07月31日

9章 Part82 ~烈し放たる戦律の大渦潮~ ☆ついに✦怒涛の新魔界エピソード✦開幕!!☆

イブル=マプト「来ましたね? レアール。 そして・・・。ほほぅ。エンライトというのですか。 偉そうな名前だ。 幾年月。私は、あなたのすべてを、大魔王さまに捧げるべく、奮闘してきたのですよ。 ほっほっほ。もう逃げられません。」

魔の信邪「マプトさま。 例の、あなた様のおっしゃっていた、しまねこたちが、やってきました。 予言通りで御座います。」


イブルマ「ほーーっほっほっほっほっほっほっほっほっほっほっほっほっほっほっほっほっほっほっほっほほ。 そぉーーーーー ぉーーーーー ぉーーーーー ぉーーーーー ぉーーーーー ぉーーーーー ぉーーーーー ぉーーーーー ぉーーーーー ぉーーーーー ですかっ。 本当に来たのですね。あのおバカさんたちは。 一石一万頂です。 さぁ、姿を見せなさい。 すべて、信邪に変えて差し上げますよー(゚∀゚)惚!!」


―――――――――――――――

緑の♡猫「えっ。 やっぱり・・・。ブリーズ君…。でしょ??」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 9章「魔の世界✦編」 | 更新情報をチェックする

2020年07月30日

9章 Part81 ~風の〝出口〟~

✱ーズ2「おいで!! みんな!!! さあ。 こっちだよ!!!」


緑の♡猫「助かる!!―――――――この手は!?」


風が、一同を包み込み、周りは、黒く、さらに黒くなって、すべてが、めまぐるしくなって、そして、すべてが暗くなります。

――――――――――――


そこに立っていたのは、ずっと、夢の世界で、ずっと田畑を耕し、市長たちと共に、深海の異世界に入った、あの、風人だったのです!!


ハートのねこ♡・しろねこ「ブリーズ君(゚Д゚)!????」


ふしぎな木「まぁ('◇')ゞ―――」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 9章「魔の世界✦編」 | 更新情報をチェックする

2020年07月29日

9章 Part80 ~〝・いで〟~

―――――――――


バチバチバチバチバチバチバチバチ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


大賢人「サイッコウの友、優者マフィンの名を、こんな形で 仲間に紹介させおって、大魔王…。」


バガガガガガガガ―――――――――


すべてが・・・崩れていく・・・・・。


―――――――――

〝・・・・・・・・・・・いで〟
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 9章「魔の世界✦編」 | 更新情報をチェックする

2020年07月28日

9章 Part79 ~今ぞ誰は笑うか?~

大賢人「夢の世界とまほうみち。 私たちは、空鏡の世界を通った。 つまり、あらゆる次元が、私たちと共に あるということでもある。 この世界は、今、存在したかもしれない世界。 しかし、不覚にも、不確定。 私たちが現象的に体験したこと、私とマフィンの過去などは、全て本当だ。 だが、この時点で、マフィンが存在している世界で 私が会話したということ自体が、この世界とは別の世界の 再現だ。 つまり・・・」

緑の♡猫「何らかの意味で、マフィンは僕らと関わった。たぶん、今。 しかし、その今は、空の今としてであって、大魔王が仕掛けた、このファラシーのことではない。」


よって、概ね


一同「この世界のすべてが、嘘だったんだ!!!」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 9章「魔の世界✦編」 | 更新情報をチェックする

にほんブログ村