2017年10月17日

6章 Part82 ~たっく☀たっく☀ ♪~

しろねこ「そういうこと言ってたね~。 ここ、いくつかの意味で 何度か来ているけど、まず、緑色の木が全部 雪に掛かっているし、そもそも、わたしたちの知ってるここは、環境草花が凍って枯れていたときだから、木とか見た気がしないんだよね。」

緑の縞猫「ここは、しんぴ草が凄いから、2年くらいで、もみの木とか、たっくさん育ったんだろうね。」

ラッシー「はーい♡ そうですよー(・∀・) 天空樹のこの世界としての宿りが、そういった普通の木を、たっくさん育てたんです。 たっくたっく♪」

緑の縞猫「あざらし女王さん、なぜここに(*_*;」

ガタンゴトン―――
posted by ファンタジー✡とど at 06:48| 緑の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

6章 Part81 ~スイート(・ω・)☆〝雪国連合&緑の連合〟~

緑の縞猫「そうなのかー。あざらし王国には居ないんだね。」

しろねこ「もう、この2国も、ほぼ民主制で、マジカルスノーって地名で名乗っている勢いだからね。」

緑の縞猫「そうそう。通貨もグリーンなんだよね。雪国連合&緑の連合」


スキーリゾート駅を後にして、しまねこたちは、終点に向かっています。

緑の縞猫「でさぁ、現在秋じゃない? なんと、Radio~♪によると、マジカルスノーでも、紅葉があるんだって!」
posted by ファンタジー✡とど at 17:09| 緑の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

6章 Part80 ~にぎわいのスキーリゾート駅♡~

緑の縞猫「うんうん。 リゾートの方が、あの懐かしいソリのノリの上級版のリヤカーで、迎えに来てくれるんだよね。 建物まで10キロくらいあるから。」

しろねこ「今回は、とどステーションまで、中心部である終着点まで乗るからね。 ブタねこ博士が、ラッシーに、ちゃんとこの件を報告してくれているはずだから、駅で会えるよ。 最近、ラッシー、とどSt.と スキーリゾート関連中心に、ごま王の代わりを務めながら、色々やっているから。」
posted by ファンタジー✡とど at 08:00| 緑の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

6章 Part79 ~はーとうぉーむ な スノー⛄~

しまねこたちは、グリーンシティライン2号、快速列車に乗車したまま、とどステーションに向かいます♪~

――――――――

緑の縞猫「一面雪なんだよね~。 ごま三とさぁ。ほんっと、ソリ引いてくれてさ。 上陸したんだよねーー。 寒かったけどー(・∀・)」

しろねこ「海は凍ってるわで、ほぼ人力でここまで来たんだよ!?」

緑の縞猫「ほんっと、現在、優しくちらちら雪が降っていて、確かけっこう暖かい雪、凝固点が高い雪らしいよ? 暖か草がたーくさん咲いているからねー。」

しろねこ「もうすぐ、快速でも停車する、スキーリゾート駅なんだよ!」
posted by ファンタジー✡とど at 08:00| 緑の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

6章 Part78 ~パッとしている(・∀・)~

緑の縞猫「おおおおおおおおお! どこも個性的な海。頑張って走ったときとは違う海。 マリン、すごーーーーい。 そして着いた――――」

〝まもなく、ごま大陸 ノーススノー・ステーションです。北雪の駅より、各駅にお越しのお客様は、降りました向かい側のホーム、2番乗り場に 普通列車 とど王都駅行き、停車ちゅ~♡ です♪~〟

緑の縞猫「すごい。接続した(・∀・)」

しろねこ「やっぱり、言うんだね(・∀・)♡」

緑の縞猫「現在午後1時半かぁー。 ほらあそこ。やっぱり電光掲示板も。 緑の大陸に走っているのと 同じだね――。 故郷のマジカルスノーで製造された電車だけあって、やっぱり こっちの土地では パッとしているなぁ。」
posted by ファンタジー✡とど at 09:00| 緑の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

6章 Part77 ~すてきな君と探しにゆこう♪~

しろねこ「本当においしいね。 王都の駅弁には、わたげ印のロイヤル紅茶が付いてくるんだけど、砂糖はスティックで付いてくるんだよね。さらにドリンクバーみたく、この南国スイーツジュースを買う人が多いから、この場合は、砂糖入れない方が ドリンク使い分けられて いいよ♡」

緑の縞猫「なるほどねー。 この島って、ちょっと大きいから、もう少し 海 楽しめるねー。 さて。いよいよ、トンネルが近づいてきましたよ。」


そうして、2人は、マリントンネルを抜けていくんだよね。

2つ、3つと、島を越えて、しまねこたちは、雪の大陸へと、楽しい電車旅をしたんだよ!

――――――
posted by ファンタジー✡とど at 09:59| 緑の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

6章 Part76 ~マリンビュー号♪ マリンウォッチ♡~

ブウゥゥゥゥゥゥゥーーー――・・・


しろねこ「でしょ? 本格的でしょ?」

緑の縞猫「はい。しろねこの分。 よし(*'▽') 王都の駅弁食べよっか!」

〝次は、ごま大陸の北端の地、、ノーススノーステーションです。 マリントンネルを抜け、ごま大陸へまいります♪~ 外をご覧ください。とてもブルーにかがやき広がる、一面の海。この列車は、マリンビュー号として、各島では少し速度を落として走行いたします。 すてきなマリンウォッチを、ぜひ お楽しみください♪~〟

緑の縞猫「うおおおおおおお!!! 相方と あの〝マリンウォッチ〟で、緑の駅弁で、南国のフルーツジュースで、しかもこれがサンドイッチハンバーグ弁当とチョー合って、地味に三種の神器とのうわさで。 これはすごいぞ――――! すてきだぞーーーー!!」
posted by ファンタジー✡とど at 06:00| 緑の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

にほんブログ村