2018年04月23日

6章 Part270 ~他 1つの ☆彡~

緑の♡猫(F2)「しろねこと2人で行けたことが、もう一つの希望だった。でも、一人だった場合でも、一瞬で戻ったかもしれないから、僅かな情報は持って帰れたのかも。その意味で、2人だったことが、幸運!」

緑の♡猫「聴きづてだから、だんだんと解釈にズレが出来つつ、全く新しい深みが生まれるだろう意味で進めることになるけど。――滅びの故郷は、定期船にしても、兆候がでたらめで、とても対策できるようなものじゃなかった。ということは、少なくとも単なる環境破壊からの異常気象では説明がつかない。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

6章 Part269 ~暫定... ここω~

緑の♡猫「もちろん、破滅の故郷の僕たちが、2年前の世界も 僕たちを呼び寄せたっていうこともない。話を聞く限りでは。」

緑の♡猫(F2)「僕が未来で出会った僕らは、さらに未来の破滅の故郷で、誰にも合わなかったからね。生き残っていられるような可能性は、何一つなかったと言っていいほどの出来事の世界で。」

しろねこ「うん。私なら、全く同じようなことをすると思う。そして、そう、その通りになると思う。泣くし、希望を探す。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

6章 Part268 ~この後のことは~

緑の♡猫「うん。どうにかしなきゃって、あたふたする。考える。」

しろねこ「仲間に、みんなに相談していく。」

緑の♡猫(F2)「つまりね。ここもそうなように、未来は変わる。そして、君たちがやって来る理由になったかもしれない総合的な環境の中で何かがちょっとでも変わったら、僕たちの世界に、君たちは来なかった。きっとさ。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

6章 Part267 ~僕らの出逢い~

緑の♡猫「よーく知っている世界同士だからこそ。」

しろねこ「はじめて・・・出会った(・∀・)」


緑の♡猫(F2)「僕もさ。君たちがここに来ないんじゃないかって、いつも考えてたよ。迎えに行くのが遅くなったのって、実はそういう理由が大きいかも。 普通は、未来の世界って、こういう場合、変わるでしょ? ただの石ころがこちらに来るのとは違ってさ。心を持った、存在が来ているのだからね。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

6章 Part266 ~緩やかな繋がりと 特殊なリンク~

緑の♡猫(F2)「互いの3つの世界は、緩やかにリンクしていて、それぞれの歴史は、たぶん、夢の世界とか、そんな身近な日常を通じて、一緒に交流しているような、ある意味、隣町のような世界だと思う。――でもね、今回の方の出来事は、とても直接的な、特殊なリンクなんだ。 おそらくだけど、ほぼ、あるいは完全に同一の歴史的ポイントを持つという意味での世界同士が関係しているところ。過去のA点と、その、ほぼA点を経験した未来の世界B、この2つが相互に干渉しあって、おそらく初めて、互いの世界が出会った。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

6章 Part265 ~繋がるエンディング♪~

緑の♡猫「ここから未来の、さらに未来の世界…。僕のよく知っている…そんな世界から大きく離れていない、そんな世界でそういうことが…起きることがあるなんて。」

しろねこ「考えもしなかったね。私たちは、ちゃんと、見た。緑の大陸が、奇跡に包まれて、まるでゴールに到達するかのように、安心できる、エンディングを見たわ。」

緑の♡猫(F2)「うん。僕もそうだよ。まったく同じ。そしてそれこそが、今回の世界を繋ぐお話の、カギとなる場面なんだ。――10年ちょっと前の世界。僕たちは橋を架けた。10年ちょっと先の世界。僕たちが橋を架けてくれた。」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

6章 Part264 ~おはなしもホッと☀~ プロローグ ON「エピソード5」!!【FOR BLOOM】

〝緑のRadio~♪ 今日の午後は、やっぱり良いお天気~♪ キラっキラな日差しに囲まれて、みんなー、外に出てみないかーーい。夜には、きれいなおほしさまがたーくさん見えるヨー! では、本日のリクエスト―――〟

♪~

緑の♡猫(F2)「というわけなんだよ。僕も聞いた話なんだけどね。やっぱりさ、僕が実感したわけじゃないんだ。でさ。しんぴの水を 2年前に取りに行って、すぐにかけたらね、天空樹は、今までにない、新しい姿へと、さらに成長したんだ。この2年でさ。 特に最初の1年で、とっても大きくてよりしんぴなエネルギーをも発するようになったんだ。」

――――――

ふしぎな木「ハートのねこ♡たちは、お話がひと段落しましたので、おいしいお菓子とコーヒーをいただきながら、Radioを聴いています(・∀・) そして、ソングが終わって、また静かなお部屋で、お話再会です!」
posted by ファンタジー✡とど at 16:00| ♡の縞猫 6章「リンク☆彡ワールド編」 | 更新情報をチェックする

にほんブログ村